電気温水器から熱いお湯しか出ない

お風呂の蛇口から、熱いお湯しか出なくて、ぬるくできない。とのコールをいただきました。
数年前に深夜電気温水器を入れていただいたお客様です。
浴槽のところにある水栓で水を出そうと思っても、お湯しか出てきません。しかし、洗面台の蛇口からは水もお湯も異常無く出ています。ということは、温水器の故障ではありませんね。

Img_6577

原因はコレでした。
お湯の温度を調節する「サーモスタット」という部品が故障して、温度調節ができなくなってしまったようです。

蛇口の故障なので、水道屋さんの仕事・・・ではありません。これくらいなら当店でOKですよ。

Img_6582

浴槽の湯張りにも使うために、定量で湯が止まる機能の付いたものだったため、お取り寄せで2日ほどお待ちいただくことになってしまいましたが、無事交換完了しました。
シャワーもレバー式で使いやすくなりました。これで今夜から快適にお風呂を使っていただけますね。
ご依頼ありがとうございました。

Img_6583

今回も、一番手こずったのは、壁から出ている配管に接続するところでした。
シールテープをもっと上手に巻けるようになりたいなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンの画面に筋が出るようになってしまった

ノートパソコンの画面に、黒い筋が出るようになってしまった、とのコールをいただきました。
現物を拝見してみると・・・

Img_6556

電気的な故障で筋が入る場合もあるのですが、この場合は、何かで圧迫してしまったようです(>_<)
普通のノートパソコンの場合、「クラムシェル型」(蛤の貝殻ですね)と言って、画面が蓋になって、キーボードのある本体側に閉じる構造になっています。
この時に、キーボードの上に何かが乗っていると、液晶画面を無理に押さえて、その部分が損傷してしまうことがあるのです。

このパソコン、延長保証にも加入していたのですが、保証期間が少し前に切れたところ・・・(>_<)
メーカーの修理価格を調べると、5~6万円くらいかかるようです(>_<)

しかし、最近はどのメーカーのパソコンも割と汎用品を使用していますので、液晶パネルだけ入手できないか調べてみました。
で・・・

Img_6581

無事にパネル交換完了~

ついでに、Windows10のメジャーアップデートも適用しておきましたよ。
まだしばらくは現役で使っていただけると思います。大事にしてあげて下さいね。
ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺ソフトにご用心

パソコンの画面に「問題が見つかりました」とか見慣れない表示が出る、というご相談を良くいただきます。
これ、くれぐれも信じてはいけませんよ。

Img_6518

今回は、「PC Reviver」(パソコンを復活させる)というのが出てきたようです。
もちろん、こんなの嘘っぱちです。「修復」をクリックしちゃ駄目ですよ。

こういう詐欺ソフトがかなり増えてます。
インターネットの広告などに紛らわしいものがあり、間違ってクリックしたりするのではないかと思いますが、その時の操作を見ていないので断言は出来ません。(お客様も覚えていらっしゃらないので(^_^;))

とりあえず、詐欺に引っかかる前に、不要なソフト(アプリケーション)を削除して、Windowsを最新の状態にさせていただきました。
少しでも「?」という場面に遭遇したら、勝手な判断をせずにご相談下さいネ。
ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天井埋込照明器具をLED化しました

今回のお仕事は一般のご家庭ではなく、ちょっとした集会所の照明器具です。

築後20年ほど経過し、照明器具の調子が悪くなってきたのですが、蛍光灯の器具はメーカーも生産をやめてしまい、部品供給もほとんどありません。

Img_6534_3

わかりづらい写真でごめんなさいね(^_^;)
天井に埋め込まれている照明器具です。

Img_6538_2

外すと、大きな穴がポッカリと開いてます。

けど、こういうところにピッタリ合う器具をメーカーさんが出してくれてます。

Img_65342

穴を拡げたり、スキマを埋めたりしなくてもピッタリ合うんですね~

Img_6536

左が元の蛍光灯器具、右が交換したLED器具です。
明るさは同等以上で、消費電力は3分の1以下になりました。

これで皆さんが集まっても、明るく気持ちよくお過ごしいただけますね。
ご依頼ありがとうございました。

ちなみに、気になる費用ですが、イイ事尽くめだけど、高いんじゃないの~?と思われそうですが、実は蛍光灯器具の修理代+αくらいで出来ちゃうんですよ。
桑名市内であれば無料見積もりに伺います。お気軽にご相談下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドアくらいなら直せますよ

あくまでも本業は電気屋です。念のために。

けど、お客様のお困り事には出来る限りお役に立ちたいと思ってます。
今回は、ドアがギーギーとうるさいとのこと・・・

Img_6453

あらら、蝶番がずれてしまってますね。

Img_6455

新品に交換して完了~

このタイプは、金属と金属の間に樹脂が入っていて、それで静かな開閉が出来るようになっているのですが、長い間に樹脂がつぶれてなくなっちゃうことがあるんですね。
これで静かになりましたね。

ご依頼ありがとうございました。

あ、この時は浴室の換気扇交換のついでだったんですが、そっちの写真撮り忘れてました(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄関照明用の蛍光灯が手に入らない

玄関の照明の蛍光灯が手に入らないのだけど・・・と別件で伺った時に相談を受けました。

Img_6475

ネットで調べたら売ってるのだけれど、ずいぶんと高額だったとか。

Img_6487

FUL14・・・あぁぁこいつかぁ。

このFULという規格の蛍光灯、ナショナル(現在のパナソニック)独自のものだったために、他社からは販売されておらず、ナショナルが生産をやめてしまったら手に入らなくなってしまったという、トンデモナイ厄介者です。
似たような共通規格のFPLというランプもあるんですが、微妙にソケットの形状が違うために使えないんですよね~

そういう独自商品の割には、当時のナショナルの照明器具には結構使われていて、FUL難民は少なくないと思われます。

Img_6486

そんな厄介者に付き合ってる必要も無いので、新しい照明器具と交換させていただきました。
LEDを使用しているので省エネで長寿命になりましたよ。
この度はご依頼ありがとうございました。

で、FUL14がどんな価格で売られているか、後日調べてみました。
後継機種のFPU14(これも完了品)というのが販売されていたのですが、4000円!!
んー、せいぜい1000円程度のものなんですけどね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気工事:トイレのスイッチ直せます

壁の照明スイッチが壊れたけど直せますか?とのご依頼。
もちろん、直せますよ!

Img_6493

今回は、トイレの照明が点きませんでした。
上の写真のスイッチが壊れて、押しても戻ってしまう状態でした。

壁に付いているパネルの中のスイッチだけ交換できるのですよ。
もちろん、電気工事士の資格が必要ですから、ご自分では出来ませんので、お気軽にご依頼下さい。

Img_6496

二枚目の写真のように、照明が消えているときにスイッチが光る「ほたるスイッチ」というのに交換させていただきました。周りが暗くてもスイッチの位置がわかりやすくていいですよ。
(写真は実際に交換したものではありませんが(^_^;))

ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンテナ工事:とても空気が澄んでいました

Img_6499

1月の雪で倒れて応急処置だけしてあった地デジのアンテナ、光ファイバーでの共同受信も検討していただきましたが、やはりアンテナを新しくして欲しいというご要望で、新調させていただきました。

今日は、少し風がありましたが、とっても空気が澄んでいて、遠くの山や、名古屋の方の高いビル、名港トリトンなどもクッキリ見えました。

河口に近くて、どうしても錆びやすいので、塩害対応の錆びにくいアンテナ材料を使わせていただいています。
これで安心して地デジを楽しんでいただけますね。ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

照明の壁スイッチを交換。その理由は?

Img_6149

壁に付いていた従来型のスイッチを、左の手に持っている新型のタイプに交換しました・・・という記事ではありません。

実は、これ、交換後の写真です。
手に持っている新型の大きなボタンのスイッチを、あえて、従来型のシーソースイッチに交換しました。
ここのスイッチで、天井のリモコン式の照明器具を操作するのですが、新型のスイッチの場合、同じ場所を押すことで、交互に「入」→「切」が切り替わります
普通はそれでいいのですが、「リモコン式」というのがミソ。
リモコン式の照明器具は、短い間隔で「入」「切」することで、明るさを変えたり、常夜灯にしたりできるのです。
それが災いして、誤ってスイッチを連打したために、常夜灯になってしまい、元に戻せなくなったと言うことが何度かありました。
そこで、そういった誤操作が起きにくいと思われるシーソースイッチに戻したのです。
シーソースイッチなら、「入」にするには右側、「切」にするには左側を押すため、連続して「入」「切」するには意識した素早い操作が必要なのです。
これで、突然常夜灯になってしまうこともなくなるかな?
ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気工事:防雨コンセントとスイッチに交換しました

今年は台風の上陸が多く、各地の被害に心が痛みますが、当地でも先日の台風による大雨で若干の被害がありました。

このお客様も、台風による横降りの雨で、作業場のコンセントに浸水して漏電ブレーカーが作動したようなので、現場を拝見。

Img_5672

あらら、スイッチのカバーは割れているし、コンセントもテープで補修してあります(^_^;)
この作業場には屋根はありますが、横は開放されているので、雨が入ってしまったようですが、普段はそちらから降り込む事もなかったのでこのままでも使えていたのですね。
状況を確認出来たので、スイッチとコンセントを交換します。

Img_5733

スイッチは蓋付きも考えましたが、利便性を考慮して防雨カバーを取り付けました。

Img_5732

コンセントは、下から差し込む防雨型にしました。
これで、雨が降っても大丈夫ですね。
ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧