パナソニックのコードレス電話機用電池

「パナソニックの」コードレス電話機用電池、と言われても、我が家の電話はシャープだし・・・

ご心配なく、このパナソニックのコードレス電話機用電池は、パナソニック製品だけではなく、他メーカーの電話にも適合する豊富な種類が揃っています。

Img_0263

メーカー純正品よりも入手しやすく、電池性能もアップしていますし、安全に配慮した過電流防止装置も内蔵されていますから、安心してお使いいただけます。

コードレス電話の電池は消耗品です。
「通話中に電池切れになってしまう」という場合は、電池の寿命ですから、交換が必要です。
当店では、交換時には、メーカー問わず、このパナソニックの電池をおすすめしています。

メーカーサイトで、適合する型番も確認出来ますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常備用懐中電灯「電池がどれでもライト」BF-BM10

某猫型ロボット風に『ど・れ・で・も・ラ・イ・ト~』

Img_0230

パナソニックから発売された、常備用懐中電灯の「LED電池がどれでもライト」をご紹介します。
パナソニックって、ネーミングに猫型ロボット意識したもの多いですね(^_^;)・・・パナソニックに限らないかな(^_^;)

普通の懐中電灯は、使う電池の種類や本数が決まっていますが、この「どれでもライト」は、単1・単2・単3・単4の、どれか一本さえあれば使えるという頼もしいヤツです。

Img_0227

形が、単1電池を4本とか6本とか入れるサーチライト風なので、写真だと大きく感じますが、大きさ比較に単1電池を並べてみました。意外に小さいでしょ?

Img_0228

ボディをひねって外すと、4本の違う大きさの電池を入れるところがあります。
とりあえず、単3を一本だけ入れてみました。
この時に4本とも入れてもOKです。

Img_0229

ボディ側の印に、レンズ側の電池の名前を合わせると点灯します。
なので、単3が入っている時は、「単3」と書かれているところまで回します。
4本とも入れている時は、順番に使っていけばいいわけです。

ただ、ボディ側の印が、突起だけでわかりづらいので、油性ペンなどで色をつけておいた方がいいかな?と思いました。

Img_0218

懐中電灯として使用するとこんな感じの照らし方です。
物凄く明るいわけではないですが、必要十分な明るさですね。
中心部はそれなりに明るいし、周辺部も柔らかい明かりが広がります。

Img_0225

この「どれでもライト」のもう一つの使い方です。
立てて置けるようになっていて、ランタンとして使えます。
この時に光が拡散するように、レンズ側が特徴的な形をしているのですね。

単1アルカリなら40時間、単4アルカリでも1時間半程度使えます。
4本を切り換えて使えば、60時間くらいもつんですね!

災害などの停電時に、懐中電灯を準備してあっても、普段使わないから電池が切れている事ってよくありますよね?
そんな時に、テレビのリモコンなどから電池を抜けば、とりあえず使えるというのがいいですね。

一家に一つオススメです!
内藤電機で、電池別1800円で販売中~

| | コメント (0) | トラックバック (0)