« 頂き物で食卓が豊かになりました(^_^) | トップページ | 中途半端な親切心 »

エアコンの羽根が動かない

「エアコンの羽根が動かない」というコールがありました。
羽根と言っても室外機で回っている羽根のことではなく、室内機の吹き出し口のところにある「風向板」とか「ルーバー」と言われる部品で、エアコンから出る風を上下に導くためのものです。

今回のお客様のエアコンでは、動かなくなったのですが、よくあるケースは・・・

Img_6636

ダラ~ンと下向きになったまま(>_<)
よく割り箸などを挟んで向きを固定してみえる方がありますね(^_^;)

これ、どのメーカーでもよくある故障なのですが、ルーバーの左右にある軸が欠けてしまうんですね。

Img_6648

これ、本来は、丸い軸なんですが、半円形になってしまってます。
というのも、軸の中心にはモーターから出た軸が入る穴があって、筒状になっているからなんですね。
樹脂製なので、経年変化で樹脂がもろくなってきて、モーターでルーバーを上下に動かす時の力に耐えられなくなって割れてしまうんです。

Img_6646

ルーバー交換で直りましたよ。
ご依頼ありがとうございました。

ただ、この故障って、コストの問題もあるとは思いますが、軸のところを金属で補強するなどすれば避けられるんですけどね~
実際に以前は金属のキャップが軸にかぶせてある機種もあったんです。
メーカーさん、こういうところも手を抜かないで欲しいです~

|

« 頂き物で食卓が豊かになりました(^_^) | トップページ | 中途半端な親切心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/65508668

この記事へのトラックバック一覧です: エアコンの羽根が動かない:

« 頂き物で食卓が豊かになりました(^_^) | トップページ | 中途半端な親切心 »