« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

蜂さん、そこは君の家では無いよ

お盆前とか祭の前とかによくあるのが、「普段は使わない部屋のエアコンの取り換え」。
今回もそんなお部屋のエアコン工事に伺いました。

工事にかかろうと思ったら、お客様が、

「ないとーさん、言い忘れてたけど、エアコンにハチが・・・」

その後のハチとの格闘は割愛しますが、室外機の中に十数㎝の大きな巣が出来ていて、何十匹というアシナガバチがぶんぶんと出入りをしていたのでした。
ちょっと出足をくじかれた形になっちゃいましたが、何とかエアコンを入れ換えて作業をしていると・・・

Img_6749

もう、そこに君のお家は無いからね。

帰ってから古い室外機を分解してみました。

Img_6756

前板を外すと・・・

Img_6757

でっかい~

ん?

Img_6760

あらら、ファンの反対側にももう一つあったんですね。

何とかハチに刺される事は無く、作業は完了しました。
これで、誰か泊まりに来ても安心ですね。
お買い上げありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天然のクーラー(^_^)

午後からエアコンの取り換え工事、お家の裏側の部屋なので、北向きと思い込んでいたら、西向き(>_<)
太陽がさんさんと照りつける中での工事になってしまいました(>_<)

ところが、

Img_6729

ほどよい西風が田んぼを抜けてきて、陽射しの割には涼しいお仕事でした。

で、なぜか壁掛け設置が続きます。

Img_6730

んむむ・・・何か傾いてない?
前に付いていた金具のとめてあった穴にそのままつけたのに・・・

納得いかないので、泣きながら(嘘)室外機を下ろして、金具を取付直しました。

Img_6731

これでヨシ!

週末の花火大会に間に合って良かったです。
お買い上げありがとうございました。

店に戻ると、ご隠居が所用で犬の散歩に行けないとのことで、夕暮れ時のお散歩に・・・

Img_6732

夕陽が綺麗でしたね~
明日もがんばろ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビの真ん中に変なものが映るんです

エアコンの故障診断で伺った際に、「テレビもおかしいんだけど」とお客様。

Img_6722

何じゃこりゃ~

Img_6723

映像が出ても、こんな風にモヤ~っとしてます。

液晶パネルの故障のようです。2004年製で13年経ちますので、買換をお勧めしました。

元のテレビが22型でしたので、現在のテレビで近いサイズは24型ですね・・・と、内藤電機では24型はあまりお勧めしません。

Img_6724

お買い上げいただいたのは32型です。

なぜか?

24型に使われている液晶パネルは、斜めから見た時に、明るさが変わったり、色がおかしくなったりしやすいのです。
その点、この32型に使われているIPS液晶パネルは斜めから見てもキレイです。
このお部屋は寝室なので、こちらの方が適切と判断しました。
もちろん、設置場所に余裕があったという条件はあるのですけどね。

で、これで終わりではありません。

Img_6725

前のテレビを接続した方が、アナログテレビに繋がっていたアンテナ線をそのままつなぎ替えたようです。
このままでは、受信不良などの原因になりかねないので・・・

Img_6726

きちんと接栓を使って、ガッチリ接続しましたよ。

これで、お休み前にキレイなテレビを楽しんでいただけますね。
お買い上げありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビで映らないチャンネルがあるんです・・・屋根裏は地獄~(>_<)その1

「映らないチャンネルがあるんです。NHKも映りません。」というコールがありました。
実は、前にも同じ症状が出たのですが、改善していたので、とりあえず様子見していたお宅でした。

テレビを確認すると、半分位のチャンネルが登録されていません。チャンネルスキャンをやり直してもダメです。
このお宅では、地デジをケーブルテレビで受信していただいているのですが、どうやら、通常のUHFで受信するチャンネルが映らず、ケーブルテレビ用の帯域で受信するチャンネルだけ映っているようです。

壁のアンテナ端子に、測定器を接続して色々検討した結果、電波を強くするためのブースターという部品が悪いのでは無いかと判断しました。(判断した理由は、企業秘密・・・ではないですが、ちょっと難しくなってしまうので割愛します)

さて、手持ちのブースターと交換してみましょう。しかし、ブースターの設置場所は屋根裏・・・

Img_6721

こいつからアンテナ線を外して、手持ちのブースターに仮接続したら、ビンゴでした。

数分間の滞在でしたが、この時期の屋根裏は地獄です。頭くらくらします。ヘッドランプのせいなのか暑さのせいなのか、視界が狭く感じます(>_<)

とりあえず、全てのチャンネルが映るようにしておきました。
またあらためてケーブルテレビ用のブースターと交換させていただきますね。

ということで、その2(時期未定)に続きます~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンの室外機を壁掛け設置、石橋は叩いて渡ります

夏はどうしてもエアコンの工事中心の仕事になってしまいます。
出来るだけ効率良く手際よく取り付けて、他のことをする時間や休息時間を十分に取らなければいけないのですが・・・

今回のエアコンは、室外機が壁掛けしてありました。
一階のお部屋なので、すぐ外の地面に置けば工事もやりやすいのですが、そこには物置もあるため、前回同様に壁掛けでの交換となりました。

取り換える前のエアコンはこんな感じでした。

Img_6696

一階のひさしの上にかけてあります。
百戦錬磨の同業の諸先輩方なら、これくらいは脚立かけて、エアコンは肩に担いで上がればいいんだ!ってなところなのでしょうが、箸より重いものは持てない(嘘)マスターは、梯子に滑車をつけて、ロープで上げ下ろしをしました。

Img_6709

あらら、完成目前の写真になってますね(^_^;)
すいませんm(_ _)m上げ下ろしの作業中の写真を撮り忘れてました(^_^;)

上げ下ろしの滑車の操作は、ご隠居に来てもらって手伝ってもらいました。ハンドルを回すだけなので、老人虐待はしておりません(^_^;)

今回取り付けた機種はそれほどの重量級では無いのですが、万一のことも考えて安全策をとりました。
自分のためにもお客様のためにも、これからも安全に心がけた作業をしていきたいと思います。

この度はお買い上げありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時々テレビが映らない・・・アンテナかな?

「お天気が悪い時などにテレビが映らなくなる」というコールがありました。
特定の部屋のテレビだけが映らないということではないそうなので、アンテナ関連が怪しいですね。

Img_6670

地デジ開始早々にデジタルテレビを購入いただいていたので、UHFアンテナのみデジタル対応に交換しただけで、不要なVHFアンテナがそのままだし、ブースターもアナログ時代の物をそのままお使いいただいていました。

ブースターが一番怪しそうなので・・・

Img_6671

ブースターをデジタル対応の新型に交換。
VHFアンテナは撤去して、デジタル用のUHFアンテナを少しでも条件の良い上段へ移動しました。

テレビの受信状況は良好になりました。
あとは、悪天候時に変化が無いかですね。
晴れた昼間だったこともあり、「映らない」状況を確認出来なかったので、もし変化があったらお知らせいただくことになりました。

ご依頼ありがとうございました。

この時期、屋根の上はこたえますね~
午前中だったのでまだ屋根が完全に熱くなっていなかったんですが、午後3時頃だったら・・・(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕暮れ時に防犯灯交換

今年度も自治会の方から、市から補助金の出る防犯灯のLED器具への交換をご依頼いただきました。

昼間は暑くて高いところの作業は危ないと思って、陽が傾いてきた夕暮れ時に作業開始。

Img_6663

ちょっと作業開始が遅すぎましたかね?
いくら陽が長くなったとは言え、3灯交換し終わった頃には・・・

Img_6664

さすがに真っ暗です(>_<)

補助金申請に必要な写真撮影は後日やりましょう。

この度はご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液晶テレビの電源基板を交換しました

「テレビの電源が全く入らなくなった」という症状の修理依頼をいただきました。

原因は電源基板の故障だったので、基板をメーカーより取り寄せて交換。

Img_6651

手に持っているのが交換前の基板です。
基板についているヒューズが切れていましたが、ヒューズを交換しても飛んでしまうので、基板ごとの交換になりました。

Img_6652

バッチリ映るようになりましたね。

しかし、「基板ごと交換なんてもったいない」と思われる方も多いかも知れませんが、今回のケースは少し古めのテレビ(と言っても10年は経ってません)だったので、電源基板だけの交換で済んだのです。

最近のテレビでは、小型化や部品削減のためもあるのですが、電源部不良で液晶パネルを交換する必要がある事も多いんです。
その場合、修理費用が新品購入より高くなってしまうことも少なくありません。

省資源とか言われてる割には、修理よりも買換がいいというのは、電気屋やっててもジレンマあるんですよね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコン取り替え工事でコンセント交換

エアコンをお買い上げいただいて取付工事を行いますが、普及率もかなり高いのでほとんどが、古いエアコンからの取替です。
時には、30年くらい前のエアコンからの取替もあったりします。

Img_6655

今回もそんな古いエアコンからの取替工事。
電源コンセントが左側の古いタイプだったので、現在使われている物に交換しました。
この時、忘れてはならないのが・・・

Img_6656

電源電圧のチェックです。
ここは100Vでしたから、そのまま使えますね。

というのも、上の写真の古いコンセント(「T型」と呼ばれます)は、100Vと200Vのどちらでも電流のたくさん流れる機種には使用されていたのです。
その為、電圧間違いで機器を壊してしまわないためと小型化の為だと思われますが、現在の平行コンセントの片側をL字型にした「IL型」と呼ばれるものを使用するようになりました。

そんなわけで、T型コンセントには200V流れている場合があるので、交換時には電圧チェックは欠かせません。

エアコンも新しくなって、納戸になっていた部屋も有効にお使いいただけますね。
お買い上げありがとうございました。

P.S.
白状しておくと、古いエアコンが8~10畳用だったので、100Vだと思い込んで、新しいエアコンを繋いでしまい、電源の部品を飛ばしてしまった事があります(^_^;)
同じ事を繰り返さないよう気をつけてます・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中途半端な親切心

「仏壇の横のコンセントが不安だから診て」とのご依頼。

どうなってるのかな?

Img_6644

これ、外して持ち帰ってきた物なのですが、こんな状態で取り付けられてました(^_^;)

Img_6645

どうやら、仏壇を直した時に、周りの壁も塗り直して、その時に左官屋さん(?)が、古くなっているカバーを新しくしてくれたようなのですが、肝心のコンセントは古いままだったのです。
親切心からしてくれたのだとは思いますが、中途半端でしたね~
このままだと、差し込み口が少し内側に入っているので、電源プラグが奥まで差し込めなくて、接触不良を起こし危険な場合があります。

古いのを外して、コンセントとカバープレート一式を新しい物に交換させていただきました。
これで安心ですね。ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンの羽根が動かない

「エアコンの羽根が動かない」というコールがありました。
羽根と言っても室外機で回っている羽根のことではなく、室内機の吹き出し口のところにある「風向板」とか「ルーバー」と言われる部品で、エアコンから出る風を上下に導くためのものです。

今回のお客様のエアコンでは、動かなくなったのですが、よくあるケースは・・・

Img_6636

ダラ~ンと下向きになったまま(>_<)
よく割り箸などを挟んで向きを固定してみえる方がありますね(^_^;)

これ、どのメーカーでもよくある故障なのですが、ルーバーの左右にある軸が欠けてしまうんですね。

Img_6648

これ、本来は、丸い軸なんですが、半円形になってしまってます。
というのも、軸の中心にはモーターから出た軸が入る穴があって、筒状になっているからなんですね。
樹脂製なので、経年変化で樹脂がもろくなってきて、モーターでルーバーを上下に動かす時の力に耐えられなくなって割れてしまうんです。

Img_6646

ルーバー交換で直りましたよ。
ご依頼ありがとうございました。

ただ、この故障って、コストの問題もあるとは思いますが、軸のところを金属で補強するなどすれば避けられるんですけどね~
実際に以前は金属のキャップが軸にかぶせてある機種もあったんです。
メーカーさん、こういうところも手を抜かないで欲しいです~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頂き物で食卓が豊かになりました(^_^)

お客様から「これ持ってって」と色々といただくことがあります。
仕事をさせていただいた上に、おみやげまで・・・ありがたいことですm(_ _)m

Img_6633

今日は、いただいた枝豆を混ぜたご飯に、他のお客様からいただいた時雨蛤をトッピング。
ん~贅沢だ~

大変美味しくいただきました。
明日からもお客様のために頑張りま~す(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライヤーの調子が悪い?

ヘアドライヤーの調子が悪いから診て。とお客様。

Img_6626

あらら、電源コードが根元で切れてますやん(>_<)

ショートして火花が出たり、触って感電する可能性もあってとってもキケンですよ!

Img_6625

分解してみたら、特に専用のコードではありませんでしたので、切れている分を詰めて使用することにしました。

Img_6627

はい、完成。

ちょっとコードが短くなったけど、これで安心してお使いいただけますよ。
コードに無理がかからないように気をつけて下さいネ。

ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見て見ぬふりは出来ませんよね~

エアコンをお買い上げいただいたので、いつものように取替工事を行いました。

工事の際には、穴開けのドリルや配管の真空引きのポンプなどを使うのに、お客様のお部屋の電源コンセントをお借りしています。
今回は取替だったので穴開けはなかったのですが、配管接続後の真空引きのためにポンプの電源を取ろうと思ったら・・・

Img_6615

これは・・・(>_<)

見て見ぬふりは出来ないので、交換させていただきました。

Img_6617

取り外したコンセントは、こんな状態。

Img_6620

ちょっとキケンな状態でしたね~

どうやら、お客様も気になってはいたようです。少しでも不安でしたらお早めにご連絡を!

消防団員のマスターが工事をした後、そのお客様のお家から出火、ではシャレになりませんよね~これでゆっくりと眠れます(^_^)

あ、もちろん、エアコンの工事も無事に完了しましたよ。

Img_6618

この日は湿気も多かったので、ドレン水も大量に出ていました。

これで、この夏もバッチリ乗り切れますね。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »