« 2017年5月 | トップページ

電気温水器から熱いお湯しか出ない

お風呂の蛇口から、熱いお湯しか出なくて、ぬるくできない。とのコールをいただきました。
数年前に深夜電気温水器を入れていただいたお客様です。
浴槽のところにある水栓で水を出そうと思っても、お湯しか出てきません。しかし、洗面台の蛇口からは水もお湯も異常無く出ています。ということは、温水器の故障ではありませんね。

Img_6577

原因はコレでした。
お湯の温度を調節する「サーモスタット」という部品が故障して、温度調節ができなくなってしまったようです。

蛇口の故障なので、水道屋さんの仕事・・・ではありません。これくらいなら当店でOKですよ。

Img_6582

浴槽の湯張りにも使うために、定量で湯が止まる機能の付いたものだったため、お取り寄せで2日ほどお待ちいただくことになってしまいましたが、無事交換完了しました。
シャワーもレバー式で使いやすくなりました。これで今夜から快適にお風呂を使っていただけますね。
ご依頼ありがとうございました。

Img_6583

今回も、一番手こずったのは、壁から出ている配管に接続するところでした。
シールテープをもっと上手に巻けるようになりたいなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンの画面に筋が出るようになってしまった

ノートパソコンの画面に、黒い筋が出るようになってしまった、とのコールをいただきました。
現物を拝見してみると・・・

Img_6556

電気的な故障で筋が入る場合もあるのですが、この場合は、何かで圧迫してしまったようです(>_<)
普通のノートパソコンの場合、「クラムシェル型」(蛤の貝殻ですね)と言って、画面が蓋になって、キーボードのある本体側に閉じる構造になっています。
この時に、キーボードの上に何かが乗っていると、液晶画面を無理に押さえて、その部分が損傷してしまうことがあるのです。

このパソコン、延長保証にも加入していたのですが、保証期間が少し前に切れたところ・・・(>_<)
メーカーの修理価格を調べると、5~6万円くらいかかるようです(>_<)

しかし、最近はどのメーカーのパソコンも割と汎用品を使用していますので、液晶パネルだけ入手できないか調べてみました。
で・・・

Img_6581

無事にパネル交換完了~

ついでに、Windows10のメジャーアップデートも適用しておきましたよ。
まだしばらくは現役で使っていただけると思います。大事にしてあげて下さいね。
ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛打賞(^^)/

マスターの町内には草野球チームがあって、月に2~3試合しています。
日曜日もナイターをやってきました。

Img_6573

第一打席にセカンドの上を越える、ちょっとラッキーなヒットが出たと思ったら、第二打席・第四打席もヒットで、4の3の猛打賞(^^)/

しかし、この日は、なぜか対戦相手が日を間違えていたらしく試合が行われず、紅白戦だったのでした(-_-)
打撃成績だけでもつけてもらっていれば、年間成績が少しは上に行けたんだけど、ノートが出てませんでした(>_<)

試合時間が長引いたので、6回で終了になりましたが、久しぶりにフル出場はこたえますなぁ。脚ががくがくです(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしい友達からメッセージ・・・ちょっと待って!

お昼過ぎに出かけようとしていた時に、同業者ですが、遠方でなかなか会う機会の無いお友達からfacebookのメッセンジャーでメッセージが入りました。

Fbnottori

「友達からの認証」?何だか怪しいですね。
それに、このお友達はマスターの電話番号知っているはず・・・
早速、お友達に直接電話してみました。

『さっき、メッセンジャーでメッセージくれました?』

『いや、送ってないけど』

やっぱり、アカウント乗っ取りでした。
確認してもらったらパスワードが変更されていたとか・・・

マスター以外にも沢山の共通の友達に同じようなメッセージが送られていたようで、携帯番号を伝えてしまった人もいたようです。

便利に使えるSNSですが、このように乗っ取りやなりすましなども少なくないようです。
知り合いからのメッセージだとしても、疑問に感じたら別の手段で本人に確認するなどが必要ですね。(電話するとか、他のSNSやメールを使うなど)

また、自分が乗っ取られないように、二段階認証などを利用して、乗っ取られにくいようにすることも重要です。

何だか、便利になったのか不便になったのか、わかんない世の中になりましたね~(-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺ソフトにご用心

パソコンの画面に「問題が見つかりました」とか見慣れない表示が出る、というご相談を良くいただきます。
これ、くれぐれも信じてはいけませんよ。

Img_6518

今回は、「PC Reviver」(パソコンを復活させる)というのが出てきたようです。
もちろん、こんなの嘘っぱちです。「修復」をクリックしちゃ駄目ですよ。

こういう詐欺ソフトがかなり増えてます。
インターネットの広告などに紛らわしいものがあり、間違ってクリックしたりするのではないかと思いますが、その時の操作を見ていないので断言は出来ません。(お客様も覚えていらっしゃらないので(^_^;))

とりあえず、詐欺に引っかかる前に、不要なソフト(アプリケーション)を削除して、Windowsを最新の状態にさせていただきました。
少しでも「?」という場面に遭遇したら、勝手な判断をせずにご相談下さいネ。
ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天井埋込照明器具をLED化しました

今回のお仕事は一般のご家庭ではなく、ちょっとした集会所の照明器具です。

築後20年ほど経過し、照明器具の調子が悪くなってきたのですが、蛍光灯の器具はメーカーも生産をやめてしまい、部品供給もほとんどありません。

Img_6534_3

わかりづらい写真でごめんなさいね(^_^;)
天井に埋め込まれている照明器具です。

Img_6538_2

外すと、大きな穴がポッカリと開いてます。

けど、こういうところにピッタリ合う器具をメーカーさんが出してくれてます。

Img_65342

穴を拡げたり、スキマを埋めたりしなくてもピッタリ合うんですね~

Img_6536

左が元の蛍光灯器具、右が交換したLED器具です。
明るさは同等以上で、消費電力は3分の1以下になりました。

これで皆さんが集まっても、明るく気持ちよくお過ごしいただけますね。
ご依頼ありがとうございました。

ちなみに、気になる費用ですが、イイ事尽くめだけど、高いんじゃないの~?と思われそうですが、実は蛍光灯器具の修理代+αくらいで出来ちゃうんですよ。
桑名市内であれば無料見積もりに伺います。お気軽にご相談下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良に行ってきました

昨日の日曜日はお休みでしたが、消防団の幹部視察研修があったので、奈良市の防災センターへ行ってきました。
センター見学の後、少しだけ自由時間があったので、何十年ぶりかに大仏様を拝んできましたよ。

Img_6545

以前来た時と比べると、物凄く外国人のお客さんが多くてビックリでした。

Img_6547_2

お土産に、ガイドさんお勧めの大仏プリンを買ってきました。
隣の350mml缶と比べないと大きさ感が伝わらないですが、実物見ると圧倒される大きさです(^_^;)
大きさだけでなく、味も昔ながらの手作りプリンでとっても美味しかったですよ(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンの室外機の後ろもお掃除しましょ

エアコンの室内機の汚れは、目につく場所でもあるので、皆さん割と気にされます。
自動フィルターお掃除機能も当たり前になってきました。

ですが、室外機の汚れって見落とされてる事が多いんですよね。

Img_6527

ちょっとピンぼけですが、10年ほど使用されたエアコンの室外機の裏側です。

一部を拡大してみると・・・

Img_6528

ここを風が通り抜けることで「熱交換」ということが行われて、冷房や暖房が出来るのですが、これだけ埃でふさがっていると、十分な熱交換は出来ませんね。

室外機の裏側から十分に風が取り込めるように、時々チェックしてあげましょう。
もし、埃がくっついていたら、歯ブラシなどを使って取ってあげるといいですね。

気をつけていただきたいのは、実物を見ていただけばわかりますが、この部分は、熱を逃がしたり取り入れたりしやすいように、薄いアルミ板がたくさん並んでいます。
アルミ板の端はとても危ないので素手で触らないようにしましょう。スパッと切れて流血事故になっちゃうこともありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

置き場所を選ばない冷蔵庫「つけかえどっちもドア」

冷蔵庫が冷えなくなったので買い換えたいというご相談をいただきました。
それほど大容量のものは必要ないし、出来るだけ安価におさえたいとのこと。

ただ、ここで問題が一つ。
冷蔵庫の置き場所の左側が壁なのです。ということはどうなるのでしょう?

Img_6530

一般的な冷蔵庫は「右開き」なので、左側に壁があると非常に出し入れがしづらいのです。
冷蔵庫の前に十分な空間があればよいのですが、このお宅の場合も冷蔵庫の前が狭いので、「左開き」が必要です。

そこで・・・

Img_6531

これ、実は上の写真と同じ冷蔵庫です。
上の写真では「右開き」なのに、下の写真では「左開き」になってますね。

シャープの「つけかえどっちもドア」というタイプの小型冷蔵庫なのです。
置き場所に合わせて、右開きにも左開きにも簡単に変更できます。

小型冷蔵庫の場合、置き場所を変更することも多いので、始めは右開きで良くても、左開きが便利な場所に移動したくなることもありますよね。
そういう時にも対応できてとっても便利です。

会社の体制が変わっても、こういう「目の付けどころがシャープな」製品は残っていって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高所作業車の講習に参加してきました

地元の商業組合で企画された高所作業車の運転講習に参加してきました。

Img_6520

当店ではほとんど、脚立や梯子でできる作業しかお受けしていないのですが、高所作業車が使えると、もっと幅広いご要望にお応えすることが出来ると思いました。

Img_6524

実技に使われたのは、みんなが期待していたような、アームが斜めに伸びる「バケット車」と呼ばれる車両ではなく、写真のような垂直にしか伸びず、公道も走れないタイプの作業車でしたが、講習でしか得られない知識もたくさん吸収できて、眠気を我慢して受講した甲斐があったかな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨入りしましたね

Img_6525

今日、6月7日、東海地方も2017年の梅雨に入ったようです。

梅雨入り時期もほぼ平年並みのようですし、穏やかな梅雨から夏になるといいなぁ~と思ってます。
日本一を争う最高気温や、ゲリラ豪雨は要りません(>_<)

ん?さっき「東海地方」と書いたけど、ここ三重県は、「東海地方の梅雨入り」なのか「近畿地方の梅雨入り」なのか、どっちなんでしょうね?(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【電気屋あるある】エアコン配管がビミョーに使い切れない(>_<)

今日は、電気屋あるあるのお話し。

エアコン工事に使う配管(銅のパイプ)は20m巻きのものを必要な量だけ切って使っているのですが、いつも同じくらいだけ残ってしまいます(>_<)

Img_6514

今日も、2m弱が残りました・・・orz

いつも最後は1.5~2m残ってしまうんですよね~。この長さ実に惜しいのです。
一般的にエアコンの室内機は2mくらいの高さに取り付けますから、そこから地面に設置した室外機までを繋ごうと思うと、2.5mくらいは欲しいのです。
ちょっと特殊な現場以外では使えない長さで、結局はゴミになってしまうんです(>_<)
いっそ、1mくらいしか残らなかったら、あきらめもつくんですけどね~

メーカーさんが21m巻きを作ってくれたらいいのかなぁ?
21m巻きでも同じように残るのかなぁ?
考えると夜も寝られません(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドアくらいなら直せますよ

あくまでも本業は電気屋です。念のために。

けど、お客様のお困り事には出来る限りお役に立ちたいと思ってます。
今回は、ドアがギーギーとうるさいとのこと・・・

Img_6453

あらら、蝶番がずれてしまってますね。

Img_6455

新品に交換して完了~

このタイプは、金属と金属の間に樹脂が入っていて、それで静かな開閉が出来るようになっているのですが、長い間に樹脂がつぶれてなくなっちゃうことがあるんですね。
これで静かになりましたね。

ご依頼ありがとうございました。

あ、この時は浴室の換気扇交換のついでだったんですが、そっちの写真撮り忘れてました(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【お気に入り】RVチェア

エアコンの工事とかで役に立つお気に入り道具のご紹介。

Img_6503

緑色の椅子がそれです。エアコンの室外機の横で作業をするときに丁度良い高さで腰痛防止に効果的、しかもあまり場所を取らない。
アイリスオーヤマの「RVチェア RI-4」という製品。四個セットでとっても安いんです。

だけど、ただでさえ道具や材料が沢山あるのに、わざわざ椅子を一つ余分に持って行くのもな~と思うかも知れません。
ところがこれ、「チェア」となっているけど、ひっくり返すと、

Img_6504

ちょっとした物入れになるので、材料とかを一時的に運ぶのにも重宝するのです。

Img_6506

道具を入れた袋を中に入れて、

Img_6507

それをさらに別の袋に入れて普段は使ってます。
椅子にする時だけ出せばいいんですよね。

と、こんなにお気に入りなのに、何だか廃番っぽい(T_T)
アイリスオーヤマさん、再販して~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ