« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

照明の壁スイッチを交換。その理由は?

Img_6149

壁に付いていた従来型のスイッチを、左の手に持っている新型のタイプに交換しました・・・という記事ではありません。

実は、これ、交換後の写真です。
手に持っている新型の大きなボタンのスイッチを、あえて、従来型のシーソースイッチに交換しました。
ここのスイッチで、天井のリモコン式の照明器具を操作するのですが、新型のスイッチの場合、同じ場所を押すことで、交互に「入」→「切」が切り替わります
普通はそれでいいのですが、「リモコン式」というのがミソ。
リモコン式の照明器具は、短い間隔で「入」「切」することで、明るさを変えたり、常夜灯にしたりできるのです。
それが災いして、誤ってスイッチを連打したために、常夜灯になってしまい、元に戻せなくなったと言うことが何度かありました。
そこで、そういった誤操作が起きにくいと思われるシーソースイッチに戻したのです。
シーソースイッチなら、「入」にするには右側、「切」にするには左側を押すため、連続して「入」「切」するには意識した素早い操作が必要なのです。
これで、突然常夜灯になってしまうこともなくなるかな?
ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »