« 富士通・東芝・パナソニックのパソコンのバッテリーから発火の恐れ | トップページ | 20年目で初めての洗濯機買い換え »

洗濯機:漂白剤のつけおきに要注意

今回は、洗濯機の使い方のワンポイントです。

普段、漂白剤は洗剤と一緒に入れて洗濯する事が多いと思いますが、黄ばみなどがヒドイ時に、「浸け置き」して漂白効果を上げることがあります。
この時、「浸け置きの後ですぐに洗うんだから」と、洗濯機の中で浸け置きしないで下さいネ。

なぜでしょう?
それは、浸け置きする事で、衣類だけではなく、洗濯槽の汚れまで漂白剤が浮かせてしまう場合があるからです。

「洗濯槽クリーナー」という製品があります。
洗濯機の洗濯槽の裏側などに発生した黒カビを浮かせて取るためのものですが、これって漂白剤とほぼ同じものなのです。
そのため、洗濯槽に衣類と漂白剤を入れて浸け置きしておくと、衣類の汚れと一緒に、洗濯槽の黒カビまで浮いてきてしまい、そのまま洗濯すると、その浮いてきた黒カビが衣類に付着して、かえって汚くしてしまうことになるのです。

特に「塩素系漂白剤」は黒カビに対して効果がありますから、そのような現象が起きやすいようです。

ということで、漂白剤の浸け置きは、必ずバケツなどの他の容器で行いましょう。

|

« 富士通・東芝・パナソニックのパソコンのバッテリーから発火の恐れ | トップページ | 20年目で初めての洗濯機買い換え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/63203736

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯機:漂白剤のつけおきに要注意:

« 富士通・東芝・パナソニックのパソコンのバッテリーから発火の恐れ | トップページ | 20年目で初めての洗濯機買い換え »