« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

電気屋ですが、こんなこともやっちゃいます

お客様から、あるご依頼があり、ホームセンターで、角材を買ってきました。
まずは、ペーパー掛けして表面の毛羽立ちや角を取っておきます。

Img_4854

続きを読む "電気屋ですが、こんなこともやっちゃいます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20年目で初めての洗濯機買い換え

Img_4867

20年以上使った洗濯機を買い換えていただきました。

この洗濯機、嫁入り道具でお買上いただき、それ以来ずっと家族の一員として働いてきてくれました。
子供達の成長と共に年々変わる洗濯物を毎日黙々と洗ってきました。
この春、進学のために巣立つ子らを見届ける事が出来たと思ったのか、ついに限界の悲鳴を上げ出したのでした。

長い間お疲れ様でした。
この後は、新しい洗濯機がご夫婦のお手伝いをしていってくれるでしょう。

こんな時、電気屋としてはすごくジレンマを感じます。
長い間使っていただけるのは嬉しい。出来れば20年30年と使っていただきたいのです。
けれど、10年程度で部品の供給はなくなってしまいますので、修理ができません。
それより、長期間の使用により、部品が劣化して事故に繋がる可能性があるのです。
安全を考えれば、短い期間で買い換えていただくのがいいのですが、それが本当にいいことなんだろうか?って。

「十年一昔」、とは言いますが、20年くらい使い続けられるモノがあればいいのに、と思ってしまいます。

この度はお買い上げありがとうございました。
新しいコも今まで同様に出来るだけ長くお付き合い下さいネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯機:漂白剤のつけおきに要注意

今回は、洗濯機の使い方のワンポイントです。

普段、漂白剤は洗剤と一緒に入れて洗濯する事が多いと思いますが、黄ばみなどがヒドイ時に、「浸け置き」して漂白効果を上げることがあります。
この時、「浸け置きの後ですぐに洗うんだから」と、洗濯機の中で浸け置きしないで下さいネ。

なぜでしょう?
それは、浸け置きする事で、衣類だけではなく、洗濯槽の汚れまで漂白剤が浮かせてしまう場合があるからです。

「洗濯槽クリーナー」という製品があります。
洗濯機の洗濯槽の裏側などに発生した黒カビを浮かせて取るためのものですが、これって漂白剤とほぼ同じものなのです。
そのため、洗濯槽に衣類と漂白剤を入れて浸け置きしておくと、衣類の汚れと一緒に、洗濯槽の黒カビまで浮いてきてしまい、そのまま洗濯すると、その浮いてきた黒カビが衣類に付着して、かえって汚くしてしまうことになるのです。

特に「塩素系漂白剤」は黒カビに対して効果がありますから、そのような現象が起きやすいようです。

ということで、漂白剤の浸け置きは、必ずバケツなどの他の容器で行いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士通・東芝・パナソニックのパソコンのバッテリーから発火の恐れ

パナソニック製のバッテリー不具合のために発火の恐れのあるノートパソコンですが、
先日からの東芝・パナソニックに加えて、富士通も機種を追加したようです。
富士通 ノートパソコン用バッテリパックの交換・回収について
事故に至る可能性がありますので、該当する方は至急富士通さんへご連絡を!

Fujitsupc

東芝はこちら
東芝 バッテリー交換・回収プログラムに関するお知らせ

Toshibapc

パナソニックはこちら
パナソニック ノートパソコン用バッテリーパック交換・回収のお知らせ

Panapc

3メーカーのパソコンをご使用中の方は、とりあえず該当するかどうか確認お願いしますね!

さて、当店で購入いただいたお客様にご連絡しなくちゃ!

3/1追記
東芝の対象機種が増えました

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイリスオーヤマ製『充電式スティッククリーナーIC-S7L、KIC-S7L』 電池カートリッジから発火の恐れ

アイリスオーヤマ製の充電式スティッククリーナーIC-S7L、KIC-S7Lに使用されている
電池カートリッジに不具合があり、最悪の場合には発火する場合もあるそうです。

Ics7l

↑こんな掃除機です。

これらの商品をご使用中の方は、すぐに使用を中止して、下記の連絡先からアイリスオーヤマさんへご連絡下さいね。
アイリスオーヤマ充電式クリーナー電池交換のお知らせ

内藤電機でご購入いただいた方はご安心下さい。
当店で電池カートリッジをお預かりし、交換手続きも代行させていただいています。

Img_4829

ご不便おかけし申し訳ございませんが交換品が届くまで少々お待ち下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »