« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

アンテナ工事:屋根上から軒先へ移動しました

雪のためにアンテナが倒れてしまったお客様から工事依頼をいただきました。
やはり、支線が錆びてしまって、雪が落ちる時に引きずられて倒れたようです。

雪の降った翌日にはうかがえなかったのですが、お話を聞くとほとんどのチャンネルは映っていたとのこと。
条件の良い場所なので、アンテナが倒れていてもそれなりに映るようです。

今回、同じように屋根の上にもう一度立ててもよかったのですが、測定してみると、母屋木固定で低い位置へつけても、受信条件はクリヤーできそうです。
お客様に相談すると、上よりも下がいいとのことでしたので、母屋木取付にて施工することにしました。

Img_2653

いきなり完成写真(^_^;)

母屋木のところへ持ってきたことで、屋根上を這わせていたアンテナケーブルも軒下に固定できました。

これで、年末年始も安心してテレビをご覧いただけます。
この度はご依頼ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暖房便座を温水洗浄便座に交換

「便座が暖かくならない」というコールをいただきました。
現場へ伺うと、便座を温めるヒーターが作動しておらず、冷たいままです。

その便座、「暖房便座」という座面を温めるだけの機種でした。
二階のトイレなのですが、一階では「温水洗浄便座」を使ってみえますので、こちらのトイレも温水洗浄便座に交換をおすすめしました。

一階に比べるとトイレが狭いので(一階が広いので、こちらが標準サイズなのですが・・・)、取り付けできないと思ってみえたようです。
便座や周りの寸法をチェックしたところ、問題ありませんでしたので、温水洗浄便座に無事交換できました。

この度はお買い上げありがとうございました。

・・・ということで、今回は写真撮るの忘れてましたので、文字のみでお届けしましたm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 アンテナ配線工事:ケーブルテレビから光テレビに切換

ケーブルテレビを解約して、引き込み線を外してもらったらテレビが映らなくなったので、映るようにして欲しいというご依頼をいただきました。
テレビ受信用の引き込み線を外したら映らなくなるのは当たり前ですが、解約前にNTTの光テレビを契約して、リビングのテレビは映っているとのこと・・・なるほどなるほど。

Img_2573

光テレビになると、アンテナの大元が、屋根の上のアンテナや、電柱からの引き込み線などの外部からのものではなく、室内にある光のモデムになるのです。
今回は、NTTが、モデムの近くにあるテレビだけしか接続していかなかったために、それ以外のテレビは映らなくなってしまいました。

ということで、上の写真にある各部屋へアンテナからの信号を分ける分配器の配線を変更して、全ての部屋でテレビが視聴可能な状態に復旧しました。
ケーブルテレビから光テレビになることで、地デジの受信チャンネルが変わるので、チャンネルの再設定ももちろん行っています。
また、光テレビではBS放送も受信できるので、リビング以外のテレビでもBS放送を視聴できるようにもさせていただきました。

実は、今回の工事では、屋根裏に上がらなければいけないだろうと覚悟して行ったのですが、写真に映っている分配器は、小さな脚立で手の届く、脱衣所の天井にあって、ちょっとラッキーでした。
ただ、開口部が狭くてやりづらかったですけどね。

今回の配線変更に関しては、少し留意事項もあったので、仲間の電気屋さんでアンテナのエキスパートの方に電話で教えてもらって作業を無事終了しました。持つべきものは仲間ですね(^_^)v

この度はご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »