« リカバリーディスクは作っておきましょう | トップページ | テレビの修理、リモコンも必要です »

アンテナ線がボロボロ

テレビのアンテナが古くなって、風でぐらぐらしているので建て替えて欲しいというご依頼をいただき、屋根の上に上がりました。
アンテナもかなり傷んではいたのですが・・・

Img_2154

アンテナから屋内に引き込んでいる配線がボロボロになっています(>_<)

二十年程前からでしょうか、アンテナケーブルの外皮が白いものが出回りだしたのですが、基本的に屋内で使用するものです。
耐候性(耐光性)が、全くと言っていいほどないので、数年でこのように外皮がボロボロに風化してしまい、中の網線がむき出しになってしまいます。

このお宅もそうでしたが、建築関係の工事屋さんで、白いケーブルを屋外で使用される方が多いように思います。

Img_2157

このまま使うわけにはいきませんから、軒下の日があまり当たらないところでカットして、比較的耐光性の高い黒いケーブルに継ぎました。

施工時にどんなに見栄えが良くても、それが数年しか保たないのでは意味がありませんね。
何事も適材適所が肝心だなぁ、とあらためて感じました。

これで、強い風の日も安心していただけます。
この度はご依頼ありがとうございました。

|

« リカバリーディスクは作っておきましょう | トップページ | テレビの修理、リモコンも必要です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/60405137

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ線がボロボロ:

« リカバリーディスクは作っておきましょう | トップページ | テレビの修理、リモコンも必要です »