« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

リカバリーディスクは作っておきましょう

「ハードディスクに不具合がある」という診断結果が出たというパソコンをお預かりして、使用できるように復旧中です。

Img_2091

最近のパソコンは、システムが不調になっても、すぐに購入時の状態に戻せるようになっています。
しかし、その為のデータは全てハードディスクの中です・・・と言うことは、ハードディスクが壊れたら・・・

以前のパソコンは、ハードディスクの容量が少なかったこともあり、システムを購入時の状態に戻す為のデータは、CD-ROMやDVD-ROMで別に付属していました。
しかし、現在は、ハードディスクの容量に余裕があることと、コストダウンのために別ディスクでは付属していないのです。

それでは、ハードディスクが壊れたら、もう元には戻せないと言うこと?

いえいえ、そういうわけではありません。
どのパソコンでも、DVDなどに「リカバリーディスク」(メーカーによっては「再セットアップディスク」という呼び方もあります)を作成できるようになっています。
ですから、購入したらまず、「転ばぬ先の杖」で、リカバリーディスクを作っておかなければいけません。ほとんどの方は作っていないのが現状ですけどね・・・

もし、リカバリーディスクの作成を忘れていて、ハードディスクが故障しても、メーカーからリカバリーディスクを購入できる場合が多いですが、数千円余分な出費が発生してしまいます。
パソコンが元気な内に、リカバリーディスクを作っておきましょう。

あ、ちなみに、当店で購入いただいたパソコンは、全てリカバリーディスクを作成してからお渡ししていますので、安心してお使いいただけますよ。
ただ、リカバリーディスクでは、自分が作った文章や、デジカメで撮った写真などは戻せませんから、重要な「データ」は、必ず、DVDやCDに保存したりして、複数の場所に保存しておきましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話の電波障害対策でテレビアンテナ修理

お客様から「不審な人がウチに来ている」との電話がかかってきました。
よく事情を聞いてみると、携帯電話にお客様の家の近くで電波障害が発生しており、その原因を委託された業者が調査していたようです。
調査の結果、そのお客様の家のアンテナ設備に原因があるようだということで、改修工事の御依頼を受けました。

Img_2027_3

地上波用ブースターとBSブースターが使用されており、このどちらかが原因のようです。
その下の分配器も、「直付け」といわれるタイプで、外部からの障害を受けたり、外部へ電波漏れを起こしたりします。

Img_2028

新しいデジタル対応のブースターと分配器に交換させていただきました。
ブースターは、二台に分かれていましたが、地上波/BS/CSを一台で増幅できるものに交換しました。

携帯電話会社からの依頼工事はここまでですが、せっかく屋根の上に上がったので・・・

Img_2029

不要になったVHFアンテナを撤去して、UHFアンテナのみにしました。
屋根の上がすっきりしましたね(^_^)

しかし、写真でわかるように、すぐそこまで雨雲がやってきていて雷も鳴り始めて、時間との勝負でした(>_<)

この度はご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浄化槽のポンプ(ブロア)を交換

下水道が整備されてきて、浄化槽の無いお家も増えてきましたが、まだまだ下水に接続できないお家もあります。
そんなお客様から、ポンプが変な音を立てるから交換して欲しい、とのご要望をいただきました。

Img_2008

これが元のポンプ。ずいぶん古いですね。
実は、「National(松下電器)」製品です。以前は家電メーカーもこの手のポンプを販売していました。
現在は、専業メーカー数社から販売されていますので、交換は可能です。

Img_2025_2

今回は、安永というメーカーの物を使用しました。
交換するだけですが、パイプへの取り付け部分を多少加工する必要がありましたので、お引き受けさせていただいて良かったです。

これで、音や臭いも気にならなくなりますね。
この度はご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »