« 電源プラグの交換、タフキャップ使用 | トップページ | シャープの全自動洗濯機に発煙・発火の恐れ »

アンテナ工事:部材も進化しています

今日は、お客様のお宅が外装の塗り直しをするため、アナログ時代から使っているテレビアンテナの立て替えを行いました。

いつも使っている屋根馬を取り出すと・・・

Img_0712

締め付けボルトが二本付いていました。

この屋根馬、型番には変更ありませんが、以前は締め付けボルトは一本だけでした。
品質向上のための仕様変更があったようです。
ボルトが一本でも、緩んで方角が変わってしまうと言う事は、まず無いのですが、締め付ける時にうまくやらないと最後の一締めで方角が少しずれる、ということがありました。
これで工事も少しラクになりますし、締め付け強度も向上しますね。

部材もこうして進化しています。我々も進化していかなくては!

この度はご依頼ありがとうございました。

|

« 電源プラグの交換、タフキャップ使用 | トップページ | シャープの全自動洗濯機に発煙・発火の恐れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/57844186

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ工事:部材も進化しています:

« 電源プラグの交換、タフキャップ使用 | トップページ | シャープの全自動洗濯機に発煙・発火の恐れ »