« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

薄型テレビの買換

地デジバブルがはじけて、テレビが売れないと言われるようになって久しいですが、今日は久しぶりに、納品待ちのテレビが3台店頭に並びました(^_^;)
この度はお買上ありがとうございます。

Img_0666

この内の2台は、液晶テレビが故障したための買換です。
普及初期の液晶テレビがすでに8年前後経過していますので、そろそろ、故障→買換、という時期にさしかかっているのです。

しかし、問題は買換機種の選定です。
メーカー各社が「採算が取れない」とテレビ事業を縮小したり、液晶パネル生産から撤退したり、で、思うような機種がなかったり、コストダウンのために、製品の品質が落ちていたり、ということがあまりにも多いのです。(写真とは関係ありません)

このままいくと、2020年頃にやってくるであろう、大きなテレビ買換需要に対応できるのか?ということです。
せっかく買い換えても、昔のテレビの方が良かった、なんてシャレになりません。
テレビメーカーには、株主のためだけでなく、ユーザーのために頑張って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に連日のアンテナ工事:日が長いので助かります

先日、雨でアンテナが故障してテレビが映らなくなったお宅が続けてあり、久々に連日のアンテナ工事となりました。
屋根上での作業なので、雨が降っていると出来ませんから、天気と相談しての仕事になってしまい、梅雨時はスケジュール調整が難しいです。

Img_0655

こちらのお宅でも、雨でずれ込んできていたエアコン工事と、以前から決まっていた納品を済ませてから、午後4時を過ぎてからの作業になりましたが、夏至の翌日で日が長いため、日没までに何とか作業完了しました。
途中、空が暗くなってきて、雨が降ってくるかと冷や冷やしましたけどね(^_^;)

今回、テレビが映らなくなったのは、アンテナ配線への雨水侵入でしたが、アンテナもかなり古くなって、脚が錆びて折れてしまっていたので、ほぼ全て新調させていただきました。
これで、安心してテレビのある生活に戻っていただけますね。

この度はご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチン照明のLED化、ひも付きもあります

「流し元灯が点かなくなったので、交換して欲しい」というご要望をいただきました。
リビングの照明もLEDシーリングライトに交換する事になっていたので、こちらもLEDの器具にすることになりました。

Img_0628

これは、交換前に付いていた器具です。ごくごく標準的な、20Wの蛍光灯を使用した器具です。

Img0629

カバーと蛍光灯を外したところ・・・ではありません。

これ、新しい器具をつけたところです。カバーは外れていますけどね。
ランプが無いように見えますが、この矢印で示した面にLEDが埋め込まれていて発光するのです。

Img_0630

カバーをつけて点灯するとこんな感じです。
ケースには蛍光灯の器具のものを流用しているのでしょう、外観は今までのものと何ら変わりません。
サイズは15Wタイプと同じなので、今回は少し小さくなりました。しかし、明るさは20W並みで消費電力は半分になりました。

今回、この機種にしたのは、取付位置が高いために、引きひもスイッチが欲しかったからです。
これなら、古い機種との交換も安心です。

Img_0621

ついでと言っては何ですが、天井に付いている照明器具も交換する事になりました。
これは、今まで付いていたFL40蛍光灯一灯の器具です。

Img_0627

こちらも明るさはそのままか、むしろ明るくなって、消費電力は半分以下。
薄くすっきりしたデザインで、キッチンも広くなったように感じます。

実は、この器具は、事務所などで使用する「ベースライト」という器具です。
しかし、LEDになり、蛍光灯むき出しのデザインではなくなったため、このような場所での使用もできるようになりました。

この度はお買上ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

既設のインターホンを、テレビドアホンに取替

「電話機が故障したので、電話機とついでにインターホンも交換して欲しい」とのコールをいただきました。

インターホンを電話でも受けられるようにしてあったのですが、今度はインターホンをカメラ付きのテレビドアホンに交換したいとの事。

Img_0608

今まで付いていた玄関の子機を外します。
このお宅は、たまたま、お部屋との間の配線が二本だけではなく数本を束ねたものが入っていましたが、今までのインターホンで使用していたのは、そのうちの二本だけです。

では、今度取り付けるテレビドアホンでは・・・?

Img_0609

今度も、二本でいいんです。

テレビドアホンが一番最初に発売された頃は、専用の配線も必要でしたが、現在は、チャイムや音声のみのインターホンでも使用する、二本線だけで良いのです。

Img_0610

はい、玄関子機の交換完了です。

カメラ付きとなると、特殊な配線工事が必要なのではないかと思われる方もみえますが、チャイムやインターホン用に、二本の線が通っていれば、テレビドアホンはつけられるのです。

ただ、室内の親機側の電源配線など、我々プロでないと出来ない部分もありますので、テレビドアホンへの取替は、機種選定も含めて電気屋さんにご相談下さいネ。

今回使用した機種は、2万円を切る価格でありながら、留守中の訪問客の顔を記録してくれているという頼れるヤツです。
これで、来客時も外出時も安心ですね。
お買上ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »