« テレビにカードが入っているの? | トップページ | アンテナ工事:不要なVHFアンテナを撤去します »

洗濯機修理:底が浮いてきた

「洗濯機の底が浮いてきました」という修理依頼をいただきました。

洗濯機の底?・・・全自動洗濯機の多くは、底面のほとんどの面積が、撹拌用の羽根になっているので、お客さんはそれを「底」と表現したようです。
この羽根、「パルセーター」と呼ばれる部品ですが、どのメーカーでも、よく緩んで外れてくる事があります。

Img_20121027_103812

これが、パルセーターです。今回の修理で交換してきた実物です。中央部分に固定用のネジがありますね。
では、そのネジを締め直せばいいのでしょうか?

実は、そうはいきません。
通常、ネジだけが緩むという事は考えられません。緩む原因があるのです。

Img_20121027_103832

裏返して、中央部分を拡大してみました。
赤い矢印の部分は、実際にはもっと内側にギザギザが出ていないといけません。それが、モーターの軸との噛み合わせに必要だからです。
しかし、この写真のパルセーターは、内側が磨り減ってしまっていますね。
その為に、モーターの軸が空回りしてしまい、結果的にネジが緩んで、パルセーターが水の浮力で浮いてきた、ということなのです。
洗浄力アップや、布絡みの低減などの為に、パルセーターが大型化した為、軸の部分に相当な負担がかかっているのですね。

もし、パルセーターが緩んできたら、一時的にはネジを締めれば使えるかも知れませんが、内側がこのような状態になっている可能性がかなり高いので、すぐに部品交換を依頼された方が良いですね。

今回は、ご依頼をいただいた時点で、すぐに部品を発注したため、あまりお待たせすることなく修理完了できました。ご依頼ありがとうございました。

|

« テレビにカードが入っているの? | トップページ | アンテナ工事:不要なVHFアンテナを撤去します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/55980654

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯機修理:底が浮いてきた:

« テレビにカードが入っているの? | トップページ | アンテナ工事:不要なVHFアンテナを撤去します »