« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

アンテナ工事:不要なVHFアンテナを撤去します

地デジに完全移行して約1年半が経ちますが、今もまだ不要なVHFアンテナが屋根の上にたくさん残っています。
今日は、そんなアンテナの一つを撤去してきました。

Img_20121029_155707_2

上のアンテナが地デジで使用するUHFアンテナ、下がアナログ時代に使っていたVHFアンテナです。
このお宅は、地デジ対応テレビをお買い上げいただいてから立て直したアンテナなので、UHFアンテナは地デジ対応、マストも屋根馬も支線もそのまま利用できるので、VHFアンテナを外すのみとします。

Img_20121029_162117

完了~すっきりしましたね(^_^)

UHFアンテナを含めてほぼ全てが再利用ですが、支線はVHFアンテナの固定金具にとめていたので、新たに支線受け金具をマストに追加しました。

このように、それぞれのお宅に合わせたアンテナのリニューアル工事を内藤電機では行っています。
この度は、ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯機修理:底が浮いてきた

「洗濯機の底が浮いてきました」という修理依頼をいただきました。

洗濯機の底?・・・全自動洗濯機の多くは、底面のほとんどの面積が、撹拌用の羽根になっているので、お客さんはそれを「底」と表現したようです。
この羽根、「パルセーター」と呼ばれる部品ですが、どのメーカーでも、よく緩んで外れてくる事があります。

Img_20121027_103812

これが、パルセーターです。今回の修理で交換してきた実物です。中央部分に固定用のネジがありますね。
では、そのネジを締め直せばいいのでしょうか?

実は、そうはいきません。
通常、ネジだけが緩むという事は考えられません。緩む原因があるのです。

Img_20121027_103832

裏返して、中央部分を拡大してみました。
赤い矢印の部分は、実際にはもっと内側にギザギザが出ていないといけません。それが、モーターの軸との噛み合わせに必要だからです。
しかし、この写真のパルセーターは、内側が磨り減ってしまっていますね。
その為に、モーターの軸が空回りしてしまい、結果的にネジが緩んで、パルセーターが水の浮力で浮いてきた、ということなのです。
洗浄力アップや、布絡みの低減などの為に、パルセーターが大型化した為、軸の部分に相当な負担がかかっているのですね。

もし、パルセーターが緩んできたら、一時的にはネジを締めれば使えるかも知れませんが、内側がこのような状態になっている可能性がかなり高いので、すぐに部品交換を依頼された方が良いですね。

今回は、ご依頼をいただいた時点で、すぐに部品を発注したため、あまりお待たせすることなく修理完了できました。ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビにカードが入っているの?

テレビが「カードを入れて下さい」って表示されて映らない。というコールがよくあります。
今日も、先ほど行ってきました。

Img_20121019_112433

テレビのメーカーや機種によって違いますが、このようなメッセージが画面に出て、映像が止まってしまうか、真っ暗になってしまうのです。

しかし、「カードって何?」という方がほとんどですね。
B-CASカード(びーきゃすかーど)って何なのでしょう?

Img_20121019_112613

全てのデジタルテレビやチューナーに、このようなカードが差し込んであるのです。
詳しい事は省きますが、このカードが入っていないとデジタル放送は映らない仕組みになっているのです。
(カードには他に、青やオレンジなどのものもあります)

では、なぜ、カードが入っているのに、「挿入して下さい」とか「入れて下さい」ってメッセージが出るのでしょう?
理由は、カードの裏面にあります。

Img_20121019_112629

このカードは、ICカードで、右側にある金色の部分が接点になっています。
ここでテレビとつながっているのですが、こういった機械的な接点を使うと、接触不良はどうしてもついてまわるのです。

今回伺ったお客様も、カードをさわったわけではないのに、自然に接触不良が発生して、「カードを入れて下さい」というメッセージが出るようになりました。
放っておいたり、電源を入れ直せば直る場合もありますが、カードを一度抜いて差し直したりする必要がある事が多いです。
でも、カードがある事自体を意識していないので、どこに入っているかわかりませんよね?

当店では、B-CASカード接触不良だけでも、お家に伺います。
当店ご購入のテレビの場合は、出張料金もいただきません。他店でのご購入品の場合も、有料にはなりますが対応させていただきますので、お困りの場合はお気軽にご連絡下さい。
ただし、出張範囲は桑名市内に限らせていただきますので、ご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

照明が暗くなった

洗濯機の部品をお届けに上がったところ、「照明器具が暗いから、ついでに見ていって」とのことで、見せていただきました。

確かに若干暗いような気もします。
そこで、照明器具のセード(カバー)を外してみると・・・3本のリング状の蛍光灯が付いている器具なのですが、2番目の蛍光灯が切れていました(^_^;)

最近は、写真のように乳白色のカバーで覆って、ランプが直接見えない器具が多いので、ランプが切れていても気付かない事も多いようです。(この写真は他の使い回しです(^_^;))

Img_20120928_140733

すぐに新品のランプを用意して3本とも交換。大変明るくなり喜んでいただきました。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコントラブル:故障診断(起動途中で止まってしまう)

パソコンが起動途中で止まってしまうということで、修理依頼をいただきました。

Windowsのロゴまでは出ますが、その後、ブルースクリーンになってしまいます。
ハードディスクの動作音もちょっとおかしいようですので、HDDの診断ソフトでチェックしてみます。

Img_20121010_200602

結果はこれです。真っ赤なダイアログが威圧的ですね(^_^;)
残念ながら、診断ソフトで、こういったエラーが出た場合、間違いなくハードディスク不良です。
それも、QuickTestという、ハードディスクにあまり負担をかけない簡易テストでのエラーですので、かなり深刻な故障のようです。

このようなエラーが出た場合、ハードディスクを交換して、そのディスクにシステムを再インストールするのですが、今回はWindowsXPの少し古めのパソコンでしたので、診断のみで修理は見送る事になりました。

ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電柱の防犯灯をLED化

ある自治会よりご依頼をいただき、電柱についている蛍光灯の防犯灯をLEDの器具に交換しました。

Img_20121010_140541

古い器具が電柱に付いている写真を撮り忘れましたが、新旧の器具を並べてみると、こんなに大きさも違います。
元の器具はFL20という20ワット形蛍光灯を使用する、ごく一般的なタイプです。

Img_20121010_142833

交換作業完了!

Img_20121010_173936

陽が落ちて、まばゆいばかりの光を放っています。

LED器具に交換した事で、消費電力が約7Wとなり、同等の明るさのままで、7割程度の電力削減ができます。
このような防犯灯の場合、新電気料金区分10VAが適用されますし、ランプ寿命も約7倍になりますから、電気代・ランプ交換の両面でランニングコストも削減できます。
おまけに、虫が好む波長の光をあまり出さないので、虫が集まりにくいのも特徴です。

器具の価格もずいぶん安くなりました(定価で20000円前後です)ので、今回も、取り換え工事費含めても2万円以下でできました。
また、自治体から補助金が出るケースもあるので、防犯灯のLED化って意外に敷居は低いのですよ。

今回はご依頼ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アンテナ工事:古いBSアンテナの交換

BS放送が時々映らないという、お客様からのコールがありました。
二台あるテレビのどちらも、BSだけ時々画像が乱れてしまうとのこと。

Img_20121010_110657

結論から言えば、BSアンテナの寿命でした。
アンテナを新しいものと交換して、バッチリ映るようになりました。
野球の好きなお客様なので、これでメジャーリーグのプレーオフも安心してご覧いただけます。

写真は、取り外してきたBSアンテナです。「パラボーラ」というブランドでNECから発売されていたものです。
最近のアンテナとデザインもそれほど変わりませんが、実はコレ、デジタル放送には対応していません。

記録を調べてみたら、このアンテナ、20年前にご購入いただいたものでした。
もちろん、その頃にデジタル放送なんて始まってはいませんからね。

それでも、今までそのままでもお使いいただけたのは、デジタル放送用の衛星も、同じ方向から電波を出していて、ほぼ同じ電波を使っているからなのです。
ただ、「デジタル放送用」に設計されていませんから、NHKなどは映るけど、他のチャンネルで映らないものがあったりします。
デジタル放送を100%楽しむ為には、故障する前でも、アンテナの交換をおすすめします。

今回は、当店へのアンテナ交換のご依頼ありがとうございました。
パラボーラも長い間のお勤めご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壁のコンセントが割れてしまった!

壁の電源コンセントが割れてしまった、というコールで交換に伺いました。

Imgp1026
ある施設で使用しているコンセントなのですが、電動ベッドのコードがつながったままで動かしてしまい、コンセントが欠けてしまったそうです。
中から電極が覗いています。間違って触れてしまうと感電しますから危ないですね。
新しいコンセントに交換して修復完了。

ところが、他にも破損したコンセントが何カ所かあるそうです。

Imgp1027
「こっちは大したことないのですけど・・・」とお客様。
確かに、ぱっと見た感じでは下側のコンセントの部分にひびが入っているだけのように見えますが・・・

Imgp1028

実は、カバー部分がぽろりと取れるとこんな感じです。
電極が完全にむき出しです。一個目よりも危険な状態ですね。
感電する可能性も高いですし、電源プラグが触ってショートしてしまうかも知れません。

壁のコンセントは、電源コードをさしたままで無理に引っ張ったり、堅いものが当たったりすると意外に簡単に割れてしまいます。
そうすると、今回の例のように、中の電極がむき出しになってしまい、大変危険です。
割れたりヒビが入ったりしたら、すぐに交換をご依頼くださいとお願いをしてきました。
今回はご依頼ありがとうございました。

さて、この記事をごらんになった方、ホームセンターでコンセントを販売しているからと、ご自分で交換はしないで下さいね。
交換には電気工事士の資格が必要です。
ホームセンターでは、プロ用の商品も販売しているので、誰でも買えるから、と言っても、誰でも扱えるわけではないのです。
必ず電気屋さんにご依頼いただきますようお願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続く時は続きます。二階への冷蔵庫納品(>_<)

先日、ピアノ運送屋さんにお願いして二階へ冷蔵庫を搬入したばかりですが、今回もまたまた二階への納品でした~

Mrrx47t

今回は、友達の大工さんにリフトをお借りして、窓から搬入!
ちょうど週末だったので、会社が休みの弟にも救援を頼みました。

Mrrx47t2

廊下の幅もギリギリでしたが、ノンスリップマットを床に敷いて転がすことで移動もOK。
これがあると、床に傷をつけずに冷蔵庫を転がして移動できるので助かります。

前の冷蔵庫よりも、入る範囲で一番大きな機種をというリクエストでチョイスさせていただきました。ご満足いただけると嬉しいです。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »