« パソコントラブル:ケーブルには余裕を持たせましょう | トップページ | 大切に長く使っていただきありがとうございます。でも・・・ »

エアコン工事:埋設配管を再利用して取り替え工事

9月も半ばになろうというのに、まだまだ暑く、今日もエアコンが故障したお客様宅に新しいエアコンを取り付けてきました。
しかし、古いエアコンがちょっとイレギュラーな取り付けになっていました。

食堂の壁にエアコンがついているのですが、室外に面した壁がない為、配管が壁の中に埋設されているのですが、通常と取り回しが違うようです。

Dsc_0204_2

食堂の隣の脱衣室の壁を剥がしてみました。
電気屋さんなら、これ見ればわかると思いますけど、壁の中で接続してるんですね。
普通は壁から配管の先端が出ていて、エアコンの中のスペースで接続するものなのですが、壁を剥がして、普通に壁を貫通して配管する時と同じように接続していました。

化粧合板の壁は簡単に剥がれたのでいいのですが・・・

Dsc_0205_2

床下に潜り込んでいる部分がどうしても抜けませんでしたので、配管は再利用しました。
ただ、二枚目の写真の左側にある灰色の塩ビ管が、冷房ドレン水の配管なのですが、途中までしか断熱してありませんでしたので、結露防止の為に、床下まで断熱材を入れておきました。

Dsc_0203

室外の配管はちょっと短すぎて、そのままではエアコンが左に寄りすぎ、十分な吸気の為のスペースが取れないので、ほんの少し延長しました。(この写真は、撤去前の古いエアコンです)

これで残暑も乗り切れますね。
ありがとうございました。

|

« パソコントラブル:ケーブルには余裕を持たせましょう | トップページ | 大切に長く使っていただきありがとうございます。でも・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/55641716

この記事へのトラックバック一覧です: エアコン工事:埋設配管を再利用して取り替え工事:

« パソコントラブル:ケーブルには余裕を持たせましょう | トップページ | 大切に長く使っていただきありがとうございます。でも・・・ »