« 爆弾低気圧が去って | トップページ | LED照明器具にしてお部屋すっきり »

アンテナ工事:BSを混合のついでに地デジアンテナリニューアル

「パラボラつければ、BSも楽しめますよ」
と、NHKさんが盛んに宣伝していただいている為か、BS(衛星放送)も見たいという要望が以前より高くなっているように思います。
こちらのお宅も、今までは、一階のテレビにだけしか、BSのアンテナ配線がしてありませんでした。
今回、二階にお買い上げいただいたテレビもBSチューナー内蔵の為、そのテレビでもBSを見られるようにすることになりました。

配線の方法は何通りかあるのですが、今後のことも考えて、BSアンテナからの配線を、地デジのアンテナ配線に混合して、全てのアンテナ端子にBSアンテナからの信号が届くようにする方法をご提案しました。
ついでに、アナログ時代のアンテナを地デジに合うようにリニューアルも行うことにしました。

Dsc_0130

不要になったVHFアンテナを撤去しました。
UHFアンテナと、ブースター、分配器、アンテナマストは比較的新しい為、再利用します。
アンテナの横にある屋根馬もまだ使えそうですが、塗装タイプの為、いつも使っている溶融亜鉛メッキ(「どぶづけ」とも言いますね)の錆に強いタイプに交換します。

Dsc_0128

アンテナの固定金具は少し錆び始めていたので、ブラシで錆を落として錆止め塗料を塗ります。

Dsc_0126

ブースターと分配器も固定金具を錆止めし、VHFアンテナからの配線が無くなったので、穴はパテでふさぎました。

Dsc_0129_2

BSアンテナ(ベランダにありました)からの配線を引っぱってきて混合器を追加。
屋根馬は新品の溶融亜鉛メッキのものに交換。
支線はステンレスで二段引きにして完成です。

お部屋の方も壁の端子が古いタイプでしたが、使っている線は状態の良いものでしたので、端子のみ交換して、BS分波器を取り付けて良好に受信できるようになりました。

BSの配線は後から露出配線してあったので、不要になった線も撤去して、屋根も壁もすっきりしました。

錆落とし・錆止めの手間とか考えると、新品のアンテナにしておいても良かったのかな~?と作業をしながら思ってたんですが(^_^;)資源の無駄遣いは良くないので、今回は使えるものは再利用させていただきました。
ありがとうございました。

|

« 爆弾低気圧が去って | トップページ | LED照明器具にしてお部屋すっきり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/54570190

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ工事:BSを混合のついでに地デジアンテナリニューアル:

« 爆弾低気圧が去って | トップページ | LED照明器具にしてお部屋すっきり »