« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

掃除機修理:ホースが破れちゃった

掃除機って、ホースを持って力任せに引っぱられることが多いので、よくホースの根元が破れてきちゃいますね。

Dsc_0086

最近は、部品もホース完成品でしか供給されないことが多いんですが、修理も出来るんですよ。

Dsc_0087

破れているところでホースを切って、リード線を接続し直します。ちょっと仕上がりが汚かったですね(^_^;)

Dsc_0088

元通りにカバーをつけて出来上がり。
右下にあるのはカットしたホースです。3cm程度短くなったくらいでしょうか。

今回はホースの他の部分の傷みはそれほど酷くなかったので、部分的な修理とさせていただきました。
ホースにつぶれやねじれがある場合は、そこにゴミが詰まったりしますので、ホース完成品での交換がいいでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しい電池

仕事の帰りがけにお客さんが、
「こんな電池、取り寄せできるかな?」
と、四角い電池を取り出しました。

006Pかな?・・・ん?違うぞ・・・

Dsc_0082

BL-015という型番のこの電池、日置のAF-105というテスターに入ってたのですが、006Pと違って電極が上下にあり、電圧も22.5V!!
「FOR PHOTO FLASH HEARING AIDS」と書いてありますので、カメラのフラッシュや補聴器に使っていたのですね。

当然、現行品ではなく、代用品もあるようですが、4000円近くしますので、必要なら新しいテスターを買えばいいや、ということになりました。

しかし、珍しいものを見せていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの針圧調整

テレビを設置した部屋に古いシステムコンポがあり、「もったいないから活用したい」とのこと。
ところが、スピーカーは何とか使えるもののアンプはまともに音が出ないので、新しいアンプを購入していただきました。ブルーレイレコーダーでCDの音もばっちり聴けます。

レコードプレーヤーは使えそう・・・と思ったら、

Dsc_0079

針、朽ちてます・・・(^_^;)

古いレコードも沢山ありますし、せっかくなので、新しいカートリッジも購入していただきました。

あ-、「カートリッジ」って言うのは、上の写真でネジ止めされている部品です。ここに「」がついていて、レコードに刻まれた溝をなぞって電気信号に変えるのです。ベース部分は「ヘッドシェル」と言います。写真は上下裏返してます。

Dsc_0080

オーディオテクニカの「赤いヤツ」です。
と言っても、3倍音がいいわけではありません(^_^;)
とりあえず鳴ってくれればいいので、一番ローエンドのものをチョイスしました。
(ヘッドシェルまでついて5000円也↓)

At10grd

レコード針が入手できなくなる!なんて大騒ぎした事も以前にあったようですが、一般的なメーカーのオーディオテクニカやデノンでも、今も普通に入手できるんですよね。

古いステレオが今も部屋に鎮座して、レコードのコレクションも沢山ある方、リフレッシュさせれば、まだまだ使えるかも?

続きを読む "久しぶりの針圧調整"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »