« 12月1日からエコポイントが少なくなります! | トップページ | デザインアンテナが流行っていますが・・・ »

アンテナ工事:これでよく映っていたものだ

昨日、テレビ配線を直したお宅の旧配線は、何と言えばいいか、正にフルコースでした。
よくぞ、今まで映っていたものだと思います。

Photo0040
まずは、分配器が宙ぶらりん。もちろん、屋内用。しかも、フタが開いてしまってました。

Photo0041

屋根上では、3Cと5Cのケーブルを捻り接続してビニールテープ巻き。

Photo0044

軒下では、屋内分配器が錆びています。接栓で接続せずに室内でテレビを接続する簡易プラグで繋いであるし・・・
しかも、使っている材料から推測するに、ケーブルテレビの工事業者の仕業。
(3分配の一つの端子からの線が切られているのは、離れへ行っていた線が不要になった為だそうです)

春にせっかく買っていただいた地デジ対応テレビも、これらのずさんな配線工事の為に、時々映らないチャンネルが出ているとのこと。
細くて減衰の大きい3Cケーブルをほとんど使っていたので、家中の配線を全て交換し、分配器も交換と共に配置を変更して屋外には屋外用を使用しました。

Photo0043

テレビでの測定値で2~3割程度改善されています。
全てのチャンネルで安定受信が可能になりました。
これはパナソニックのテレビのレベル表示画面ですが、前回の値と見比べられるのが便利ですね。

Photo0045

完成後の写真をほとんど撮っていませんでした。
これは、ケーブルテレビからの引き込み後に、一部屋だけ単独で分配されていたので、「分岐器」を使用して分岐しました。
屋外用がないので、防雨ボックスで防水処理しています。

何カ所か屋根の上に這わせてあった配線は、壁に止めるか、それが出来ないところは架空配線にしました。

|

« 12月1日からエコポイントが少なくなります! | トップページ | デザインアンテナが流行っていますが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/49783153

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ工事:これでよく映っていたものだ:

« 12月1日からエコポイントが少なくなります! | トップページ | デザインアンテナが流行っていますが・・・ »