« アンテナ工事:壁のプレートの目隠しには意味があります | トップページ | あけましておめでとうございます »

犯人確保!(天井裏編)

マンションにお住まいのお客さんから、
「玄関横の部屋の照明が点かない」
というコールがあり、伺ってきました。

さらに状況を伺うと、玄関ホールのコンセントも通電していない模様。
しかし、分電盤を見てもブレーカーは全てONになっているそうです。

ブレーカーの不良かな?とも思いましたが、分電盤の出口部分では正常で、どうやら天井裏の配線が怪しい(>_<)

とりあえず、浴室天井の点検光から覗いてみましたが、とても天井裏へ入れるスペースは無く、遠くに配線が見えているだけ。
しかし、玄関ホールの照明がダウンライトだったので、それを外してみました。

すると、
「点きましたよ」
点かないはずの照明が点きました。
どうやら、ダウンライトの上にある配線のどこかで接触不良を起こしている様子。

片手しか入らない状況でしたがすぐに原因は判明。Image337

電線コネクターなのですが、これに刺さっている電線4本の内1本がスポッと抜けてきました。
持ち帰って調べてもコネクターのバネには異常なかったので、施工時の挿入不足が原因みたいですね。
(ですから、写真のコネクターは犯人ではありませんでした)

何とか片手を突っ込んでコネクターを交換しましたが、あまり電力の大きな器具を使わない回路だったから良かったものの、こんないい加減な施工をしてもらうと困りますねぇ(-_-)
ともあれ、大きな事故に繋がらずホッとしました。

|

« アンテナ工事:壁のプレートの目隠しには意味があります | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: ビジネスマナー | 2012年4月25日 (水) 午後 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/47126424

この記事へのトラックバック一覧です: 犯人確保!(天井裏編):

« アンテナ工事:壁のプレートの目隠しには意味があります | トップページ | あけましておめでとうございます »