« 壁掛けテレビも身近になりました。 | トップページ | パナソニックプラズマテレビ電源入らず »

煙草は吸いませんが

腰のポーチには、いつもライターを入れています。
何に使うかって、アンテナ工事の時に使うのです。

アンテナのケーブルの延長などで接続する時に、F型接栓と中継接栓という部品を使うのですが、ちょっと古いケーブルだと、このF型接栓が固くて差し込めないことが多いのです。
Chukei
(両側がF型接栓、中央が中継接栓)

そういう時に、ライターでちょいとあぶってやります。

Image297

そうすると、ケーブルの被覆や絶縁体が柔らかくなって差し込みやすくなるのです。
出来れば、固くなったケーブルは交換してしまいたいのですが、それが困難なケースも多いですから。

何だか、自分が考え出したアイデアみたいですね(^_^;)
これは、同業者のA君に教えてもらいました。

ちなみに、ライターは、普通の炎がぽわっと出るのより、ターボライターっていうのかな?トーチみたいなタイプの方が使いやすいですね。

|

« 壁掛けテレビも身近になりました。 | トップページ | パナソニックプラズマテレビ電源入らず »

コメント


私も同じことをしております。

あまりあぶるとインピーがどうだの言われちゃいそうですが、

なかなか引き込み線を帰るわけには行きません。

私のポケットにもタバコはすいませんが、入れています><

古い3C2Vが一番手ごわいです。

投稿: 増田DK | 2009年10月25日 (日) 午前 06時42分

あぶりすぎると、絶縁体がとけちゃうので、さっと軽くあぶって、その後は、すぐにDXの十字型レンチなどで押し込む、って感じですかね。
だから、普通のライターの炎だと、あぶりすぎるのでNGですね。風にも弱いし。

インピーダンスどうのこうの、と言うよりは、古い2Vを使っている方が問題だと思いますから、この程度は仕方ないですよね。
最低限の品質は保ちつつ、コストとか美観とか色々なもののバランスを考えて、大変だけど、やりがいはありますね。

投稿: マスター | 2009年10月25日 (日) 午前 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/46574213

この記事へのトラックバック一覧です: 煙草は吸いませんが:

« 壁掛けテレビも身近になりました。 | トップページ | パナソニックプラズマテレビ電源入らず »