« 延長保証で安心安心 | トップページ | エコポイントなんて明らかに金持ち優遇の間違った政策 »

コンセントが危ない

「テレビの後ろのコンセントがエライ事になっとる」

と、お客様から電話があり、行ってきました。

Image181

差し込み部分が真っ黒に焦げて溶けてしまっています。

「使い過ぎかなぁ?」とお客さん。

そうではないのです。
聞いてみると、以前から、差し込んでも緩くて差し込み直したりしていたとか。

コンセントの差し込む部分が緩いと、そこで「接触不良」が発生します。
それで電気が流れなくなるならいいのですが、「流れにくく」なる為、電気の特性上、流れにくいなら沢山流して仕事をしなきゃ、となってしまい、そこにたくさんの電流が流れ、熱を持ってしまうのです。
(ちょっとわかりやすいように表現しました。厳密に理論的にはちょっと間違っているかも(^_^;)突っ込まないでネ)

その熱によって、部品が溶けたり、最悪の場合、火災になることもあります。
特に写真のような古い器具ですと、難燃性の部品を使用していない場合があるので、発火してしまうのです。

もし、コンセントが緩いな、とか、すぐ抜けてくるな、と感じたら、すぐに電気屋さんに連絡してコンセントを交換してもらって下さいネ。
新しいコンセントは、万一の事があっても、火災になりにくい素材を使用したりしているので、安心して使っていただけますヨ。

|

« 延長保証で安心安心 | トップページ | エコポイントなんて明らかに金持ち優遇の間違った政策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/44551314

この記事へのトラックバック一覧です: コンセントが危ない:

« 延長保証で安心安心 | トップページ | エコポイントなんて明らかに金持ち優遇の間違った政策 »