« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 「Internet Explorer 7」の自動更新による配布って? »

住宅用火災警報器を設置しましょう

最近、火災警報器の取付依頼や問い合わせが増えていますので、要点をまとめておきます。

桑名市のホームページでも案内されていますが、火災の早期発見や逃げ遅れ防止のために、消防法や条例で、住宅用火災警報器の設置が義務づけられました。
新築住宅については、平成18年から既に義務づけられていますし、既築住宅についても、今年平成20年の5月までの設置が義務づけられています。

では、火災警報器ってどんなものなんでしょう?
取付ってややこしい工事が必要なんでしょうか?

Sh4400p

火災警報器とは言っても、このような直径10センチ程度のものを天井や壁に取り付けるだけです。
煙や熱を関知するセンサーとブザーが一体になっています。
また、電源についても、電池式で電池寿命も10年となっていますから、交換の必要もありません(電池を交換する頃には、本体も交換した方がいいですからね)

これをどこにつけたらいいか、ということですが、例えば桑名市の場合、
設置義務
住居内の寝室にあたる部屋、1階以外に寝室がある場合には、階段にも設置。
設置推奨
義務はありませんが、台所にも設置することが望ましいです。
とされています。
寝室や階段には「けむり検知型」、台所には「熱検知型」がお勧めです。

つけなくても特に罰則はないようですが(未確認ですが・・・)、大切な命や財産を守るためにも、是非お早めの設置をお勧めいたします。

|

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 「Internet Explorer 7」の自動更新による配布って? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/17919215

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅用火災警報器を設置しましょう:

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 「Internet Explorer 7」の自動更新による配布って? »