« 住宅用火災警報器を設置しましょう | トップページ | 東芝がHD-DVDの敗北を認めた »

「Internet Explorer 7」の自動更新による配布って?

最近のネットニュースなどで盛んに「IE7の自動更新による配布が2月13日より開始」などと言われていますが、「何のこと?」って方も多いでしょうね。

皆さんのWindowsパソコンで、インターネットのホームページを見るために使うソフトが「インターネットエクスプローラー(InternetExplorer、略してIE)」なのですが、これの最新版が「7」なのです。
最新のVistaでは、最初からこの「7」が搭載されているのですが、XP以前の場合、ほとんどは「6」が使用されているはずです。
(メニューの「ヘルプ」→「バージョン情報」で、version*.???と表示される*の数字がそれです)

IE7自動更新インストールのお知らせ(マイクロソフトのページ)

以前から、手動でマイクロソフトのホームページからダウンロードすればXPでもIE7を使用することは出来たのですが、今回、Windowsの自動更新でもダウンロードされるようになったのです。

IEが6から7に変わることで、複数のページを開いた時に便利な「タブ機能」が使えるようになったり、画面を印刷した時に、用紙ぴったりに印刷できたり、といいことはたくさんあるのですが、今まで自動でダウンロードできるようにしなかったのには理由があるのです。

というのは、ホームページによって、特定のブラウザ(IEなどのホームページを見るソフト、他にFirefoxなどがあります)でしか正常に表示できないとか、文字入力ができない、という事があるからなのです。
ネット銀行だとかネット仕入れだとかで、ユーザー名やパスワードを使ってログインしないといけないページでそういうことが多いのです。

そこで、そのような不具合が出ないように検証期間を1年以上置いたということです。
現在ではそのような不具合が出るページも少なくなった、と判断して自動更新での配布に踏み切った、というか、「そろそろ大丈夫だろう」ということで予定通りに配布開始、ということですね。

ただ、自動更新でダウンロードされても、他の更新と違って、必ず「インストールしますか?」と尋ねてくるそうです。
やはり、IE7を入れるとまずいケースもまだまだ多いのでしょうね。
マスターが使っているページでも、クロネコヤマトのWebサービスは、動作確認は取れたので7でもいい、となっていますが、。(一部画面表示の崩れ等については、ご了承ください。)という但し書き付きでした。
動作検証がとれていないので、まだインストールしないで下さい、というページもまだあります。
仕事で使っているパソコンでは、しばらくインストールは見送った方がいいのではないか、と思います。

では、間違って、というか、試してみたくてインストールしたけど、使えないページがあった場合どうするのか?
ご心配なく、「プログラムの追加と削除」で元の6に戻すことは出来るそうですよ。

|

« 住宅用火災警報器を設置しましょう | トップページ | 東芝がHD-DVDの敗北を認めた »

コメント

恥ずかしながらまだ「6」を使っています。
入れれば便利になるのはわかっているんですが、
もし不具合が出たら・・・と思うとなかなか踏み切れません(^-^;)

投稿: dogear | 2008年4月12日 (土) 午前 12時06分

コメントありがとうございます。
今のところ、仕事で使うデスクトップで不具合は経験してませんね。
ただ、サブでほとんどプライベートに利用しているVistaのノートは、IE7はしょっちゅう落ちるので、ほとんどFirefox使ってます。
「アドオン」という追加機能が多いと不安定になると聞いたこともありますが。

また、1ページの容量が大きい時に、途中まで読み込んで、まだ残りがあってもタイムアウトになって「表示できません」って出てさっきまでの画面が消えるのがうざいです(>_<)

けど、何だかんだ言って、6よりは機能も多いし洗練されてるし描画も速いし、良くはなってますよ。

投稿: マスター | 2008年4月12日 (土) 午前 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/40120399

この記事へのトラックバック一覧です: 「Internet Explorer 7」の自動更新による配布って?:

« 住宅用火災警報器を設置しましょう | トップページ | 東芝がHD-DVDの敗北を認めた »