« HAPPY NEW YEAR | トップページ | Yahoo!を騙る詐欺にご注意! »

古いオーディオ機器の修理

先日、お客様から古いCDプレーヤーとレコードプレーヤーの修理を依頼されました。
症状は、CDプレーヤーが「トレイが出てこない」、レコードプレーヤーはトーンアームがモーターで動くもので「アームが動かない」でした。

いずれも20年ほど前の製品の為、メーカーからの部品入手はまず不可能です。
しかし、不良箇所は「ゴムベルトの伸び・劣化の為のスリップ」とわかっているので、ゴムベルトの代替品を製作して修理しました。
Vfts0667
左下に転がっている黒い輪っかが元々ついていたベルトで、中央部でモーターと大きいプーリーを連結しているオレンジ色のベルトが製作したものです。

このオレンジ色のベルト、「バンコード」というバンドー化学の製品なのですが、自由な長さに切断して、熱で融着させると丈夫なリングが出来るのです。
何でも、8mm映写機などの修理にも使用されているので有名だそうです。

上記の写真はレコードプレーヤーのアーム駆動部です。ベルトが劣化して、他にもギヤに塗ってあるグリスが固くなっていたので塗り直して、アームは動くようになりました。
しかし、センサーの不良か、自動で演奏してくれないので、お客様には手動で使っていただくようにお願いします。(これは部品入手出来ないとお手上げ(-_-))

|

« HAPPY NEW YEAR | トップページ | Yahoo!を騙る詐欺にご注意! »

コメント

拝啓 
 『先日、お客様から古いCDプレーヤーとレコードプレーヤーの修理を
  依頼されました。』とのこと。
 20年以上前のKenWoodのプレイヤーのアームの修理の件でお聞きし
たいのですが、宜しいでしょうか。
 KP7700というプレイヤーのアームの重量バランス・ウェイト部分が引越
しの際に、外れてしまいした。
 細いピアノ線のようなもので、本体と接続していたようですが、こうした
部分の修理は可能でしょうか。

投稿: 浜田 和夫 | 2007年2月 5日 (月) 午前 11時48分

浜田さん、コメント有り難うございます。
んー、ちょっとそういったデリケートな部分は難しいですねー。
オーディオ修理を専門にやってみえるお店に相談されてはいかがでしょうか?

投稿: マスター | 2007年2月 5日 (月) 午後 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/13574349

この記事へのトラックバック一覧です: 古いオーディオ機器の修理:

« HAPPY NEW YEAR | トップページ | Yahoo!を騙る詐欺にご注意! »