« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

エアコン取り付け工事が静かになりました

真空引き」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
最近は、家電量販店などのチラシにも「エアコン工事では真空引きを行います」と書かれている事も多いので言葉だけはご存じかも知れませんね。

これは、エアコンを取り付ける時に、エアコンの室内機と室内外の接続配管内の空気を抜いて真空にする作業のことです。
エアコンの熱交換(冷房や暖房)をする為のガス(冷媒)は、室外機の中に必要量が入れられて出荷されるのです。
室内機と室外機の接続が完了して、室外機の中のガスを開放して、配管や室内機に循環させる前に、邪魔な空気(大気)を追い出してしまおうと言うことなのです。

昔は(と言っても数年前)、その作業をする為に、室外機には少し余分にガスが入っており、ガスをシューッと少し放出しながら、ついでに空気を追い出していました。
しかし、フロンガスがオゾン層を破壊する、ということがわかり、フロンガス放出を止めよう、ということになり、真空ポンプという機械を使って空気を抜くようになったのです。

しかし、今でも、大型店の下請け工事業者などの一部には、「シューッ」とガスを抜いている業者もあるようです。同業者として困ったものです。
このような作業を行うと、ガスが大気中に放出されて、地球温暖化の要因になるだけではなく(現在はオゾン層をほとんど破壊しないガスを使っていますが、地球温暖化係数は高いそうです)、エアコンのガス不足をまねき、能力不足を起こしたり、機械の寿命を縮める、ということにもつながるのです。

当店では勿論、全ての工事で真空ポンプを使用した真空引きを行っています。
しかし、今までは、強力だが古いポンプだった為、真空引きの際に、「ゴォーッ」という凄いポンプの轟音が周囲に響いていました。
幸い、それによる苦情は無かったのですが、さすがに古い機械で(30年以上前?!)、いつ壊れるかもわかりませんので、今回新型に買い換えました。

Vfts0538

うーん、静かです・・・(^_^;)

あ、それから、真空引きっていうのは、配管の中の空気を追い出すだけでなく、中の水蒸気を蒸発させる、というのも大きな役目の一つなんです。
配管の中に水分が残っていると、それがガスと一緒に配管を循環する潤滑油と混ざって、油を劣化させるのです。そして、それは機械の寿命を縮めてしまいます。
それを防ぐ為には、真空になった後もポンプを15分程動かし続ける必要があります。(真空にするだけなら2分程度で真空にはなるんです)
もし、「シューッ」をやってなくても、真空ポンプを2~3分しか動かしていない工事は、ちょっと要注意ですヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DELLのバッテリー回収

以前の記事で紹介した、燃えるDELLノートパソコンのバッテリー回収が発表されました。

発火の可能性もあるということなので、こちらのページで確認して、もし該当機種をお使いの場合は、バッテリーを外して、AC電源でご使用下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Live Toolbar

WEBブラウザーも最近の流行は「タブブラウザー」ですけど、ご存じのようにインターネットエクスプローラーには、その機能はありません。
最新の「7」にはタブ機能もついたものの、仕事で使うパソコンでは、サポートされていないサイトも多い為、まだベータ版のIE7をインストールするのは、ちょっと無理。
FirefoxやOperaもいいんですが、同様の理由でメインのWEBブラウザーにはしていません。

けれど、便利なタブブラウズを利用する為に、「MSNツールバー」をインストールして使っていました。
Firefoxなどの「こなれた」タブ機能よりは落ちるけど、通常使い慣れたIEでタブブラウズが出来るようになるので、結構気に入って使っています。

しかし、先日、それと同じような機能を持つ「Windows Live Toolbar」というのが、日本語正式版としてマイクロソフトより出たというニュースを目にしたので、こっちの方が「本家」だからイイんじゃないだろうか?と、MSNツールバーから乗り換えてみました。

で、結果から・・・既にMSNツールバーに戻してます(-_-)

タブ機能は、ほぼMSNツールバーと同じものでした。
しかし、マスターのPCの環境と相性が悪いのかも知れませんが、ヒジョーに不安定。
新しいタブを開いたり、タブを閉じたりしたりする時、勝手にブラウザー自体が終了してしまうんです。MSNでは、そんなこと無かったのに・・・
Windows Live Toolbarでは、タブブラウズ以外にも色々な機能があるので、それが原因かも知れないと思い、タブブラウズ以外の機能を全てアンインストールしましたが、症状は変わらず。
んー、やっぱりIE7待ちだなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【光プレミアム】自動再接続出来ず

またまた、光プレミアムにやられてしまいました(T_T)

お客さんが、「インターネットに繋がらない」ということで見に行ったところ、
昼間に電気工事の為、停電があり、その復旧後に繋がらないようだとのこと。
確かに繋がらないのですが、ひかり電話やフレッツスクエアは正常です。

フレッツのサポート電話に繋がったので、事情を説明すると、
「停電後にモデムが正常に初期化されていないのではないか?」とのこと。
局側からの操作で、めでたく接続復旧。

そして、今度停電があったりして動作がおかしい時は、モデム→CTU→IP電話アダプター、の順に電源を再投入して欲しい、とのこと。
なるほどねー、なんて呑気に構えていたら、突然部屋が真っ暗に!
奥さんが掃除機かけたら停電してしまいました(T_T)

そして、やはり復旧後、インターネットにだけ繋がらず。
しかも、教えられた方法で再起動をするものの、全く症状は改善されません。
やっと見つけたIDとパスワードを使って、CTUの管理画面に入ると、インターネットの接続先に「接続」されていません!
「接続」ボタンを手動でクリックしたら、何事もなかったかのように接続されました。
んー、「自動再接続する」に設定はなっているのに・・・フレッツスクエアは自動再接続されるのに・・・

何かがあるのか?とWEBで検索してみたら・・・CTUのファームウェアのバグで、自動再接続がされないことがある、そうです(T_T)

今月中旬以降にあるファームウェアのアップデートで改善されてるんでしょうなぁ?>NTTさん

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »