« 新しい電池 | トップページ | ソフトバンクがボーダフォン買収交渉中 »

PSE問題

食品関係では牛肉のBSEが問題になっていますが、家電周辺では、最近になって突然「PSE問題」がクローズアップされてきました。

2001年4月に施行された「電気用品安全法」という法律の猶予期間が今年3月一杯で切れてしまい、その法律に適合しているという印の「PSEマーク」が表示されていない製品の販売が新品・中古共に出来なくなってしまうのです。

yu_denki_01

しかし、結構重大な問題にも関わらず、それが騒がれ出したのは今年になってからでした。

まぁ、新品については、5年も経っていれば、長期在庫品などがあって処分せざるを得なくなっても「仕方ないかなぁ?」というところですが、中古品ではそうもいきません。5~10年程度のものが中古市場の主力製品ではないでしょうか?

特にアナログテレビなんかは、どうせ2011年までしか使えないんだから、とりあえず中古を、というケースも多いと思うんですよねー。

「噂の!東京マガジン」という番組で先日も特集していたので見ました。色んな現場で混乱を招いているようですね。

その中で、最後に経済産業省へのインタビューがあるのですが、
「告知が徹底されていなかったことは反省するが、4月からの実施に変更はない」
「国としてはリサイクルに取り組んできた」
等と、ちょっとずれた返答ばかりでイライラが募ります。

思うに、国は「リサイクルという事業」を育てたいだけなんじゃないだろうか、と思ってしまいました。

もちろん、リサイクルは重要です。最終的には出来るだけ多くのものがリサイクルされるべきです。

しかし、リサイクルの前に、可能な限りリユースをして製品の寿命を延ばしてあげることも必要なのではないでしょうか?

番組でコーナーの終わりにリポーターの北野氏が、
「これで不法投棄が増えないといいんですが」
というような言葉で締めくくっていました。

他にも、中古販売はダメだけどレンタルはOKとか、個人売買はOKとか、パソコンは対象外とか、いろいろ「?」が多いですねー。

さてさて、1ヶ月後はどうなっているのでしょうか?

------------------------------------
意識調査の結果
http://blog.ishare1.com/press/archives/2006/02/954.html

日本シンセサイザー・プログラマー協会の署名活動
https://www.jspa.gr.jp/pse/index.cgi

電気用品安全法に反対するページ
http://antipse.org/

|

« 新しい電池 | トップページ | ソフトバンクがボーダフォン買収交渉中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151266/8890164

この記事へのトラックバック一覧です: PSE問題:

« 新しい電池 | トップページ | ソフトバンクがボーダフォン買収交渉中 »