« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

シャープと無印良品の洗濯機不具合

これは既に2002年4月に全国紙でも告知されているものですが、まだ全数点検に至らず、未点検の洗濯機が原因の事故も発生しているようです。

対象は1998年から1999年にかけて販売された4.2KG全自動洗濯機です。
詳しくはこちらのページをご覧下さい。

運転中の振動で、中の配線が断線して、そこから最悪の場合、発火の恐れもあるそうですから、ご使用の方は大至急シャープへ連絡して下さいね。

家電品不具合情報も更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニーパソコンとDVDレコーダー

ソニーのDVDレコーダーの一部で、電子番組表の不具合があったようです。

また、VAIOの一部でマザーボードが破損しやすいものがあるというお知らせが1月に出ていましたので、それについても掲載しました。

詳しくは、家電品不具合情報をご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PSE、結局中古市場は放置(-_-)

もう、記事にするのも嫌になってきましたが、結局、中古販売は黙認する事になったのですね。

しかし、PSEマークの無い中古品を、損をして処分した中古業者も多数あると聞いてますし、そのあたり、経済産業省はどう落とし前つけてくれるんでしょうかねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度はVistaが延期ですか・・・(-_-)

何だか延期ネタが続きますが、マイクロソフトがWindowsVistaの出荷を2007年1月以降に延期すると発表したようです。

このWindowsVistaというのは、現在ほとんどのパソコンで利用されているWindowsXPの後継となるオペレーティングソフト(OS、基本ソフト)です。
XPの2001年デビュー以来久しぶりの大きな変化になるわけですが、XPをさらに引っ張らなければいけなくなったようです。
2006年末のクリスマス商戦には影響が出るのは必至ですね。

今回の延期はセキュリティ関連の問題からということですが、こうして延期している間に、今度はハードウェアの変化があり、それに対応するために・・・とまた延期があるのではないかと不安になってしまいますね。

新しいものは、なかなか出てこない。
古いアナログからデジタルへのスムーズな移行にも不安がある(特にテレビ放送)。
未来はすぐ近くまで来ているようで、なかなかはっきりとした予想図が描けない今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンクのボーダフォン買収決まりましたね

アメリカの投資会社からの横槍もあったようですが、結局、ソフトバンクの買収で決着したようですね。

客観的に見て、そしてボーダフォンユーザーとして、マスターが気になる点がいくつかありました。

1.ブランド名変更?
今までにも、デジタルホン(デジタルツーカー)→J-PHONE→ボーダフォン、と2度の変更があったのですが、今回も孫社長が「ブランドを新しくする」と明言しているようですから、やっぱり変わっちゃうのかなぁ?
ただ、海外のボーダフォンとの連携や、海外での知名度とかも考慮して、名前は残すという可能性も無いことはないですけど・・・出来れば変えないで!

2.2Gはどうなる?
au・ドコモに比べて、普及が遅れているボーダフォン3Gですが、その為に、2Gを使っているユーザーも多いと思います。
当初、昨年初めに出た2G端末が最後の2Gだと言われていたのですが、その後方針変更があり、今も2Gの新しい端末が次々と発売されているのが現状。
そう言うマスターも2Gユーザーだったりします。
(だって、携帯買う時にお店の人の『繋がらない事が多いです』って話聞くと3G買う気にならないですヨ)
今後はさらに3Gに力を入れていくと言うことですが、その一方で2Gユーザーのお守りもしていかなければいけないわけです。
2Gユーザーを軽視した場合、ナンバーポータビリティ実施時の離反がかなり出ると思われます。
新規参入でなく買収を選択したことでいきなりたくさんのユーザーを獲得したものの、思わぬ足枷をはめられたことになりますね。
これによって、思い切った施策をとれないのではないか、という懸念はありますし、逆にあまり思い切って欲しくない、というのがボーダフォンユーザーとしての正直な気持ちでもあるのですが。

3.新規参入免許はどうするの?
ボーダフォンを手に入れたことで、ソフトバンクはもはや新規参入組とは言えない存在になったわけです。
既にeアクセスからクレームも付いていますし、新規参入のために受けた免許はどうするのでしょうね?
当初は、「手放さない」と強気だった孫社長ですが、買収発表の場では、「検討していく」とトーンが下がっているようなので、おそらく手放すことになるのでしょうね。
となると、また新たな新規参入があるのでしょうか?

とにかく、今後のボーダフォン=ソフトバンクから目が離せないのは確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3も延期(?)なんですね

ソニーから昨日発表がありましたが、プレイステイション3(PS3)の発売時期が今年11月初旬に決定したそうです。

当初は今年春の予定だったらしいので、半年延期されたのですね。何でも著作権保護の規格がどうとかこうとか・・・
やっぱり、HDMI端子経由でないとハイビジョン画質での映像出力は出来ないのかな?
それだと、ソニーBRAVIAの32型と40型のSシリーズ・Vシリーズでは綺麗な画面が楽しめないなぁ(^_^;)

先代のPS2が現在のDVD(ビデオ)が急速に普及するきっかけになったように、PS3は次世代DVD規格のカギを握るハードウェアだと思うので、この半年の延期がどう影響するのか、実に興味深いですね。
ただ、PS3に当面搭載されるブルーレイドライブは再生用のようなので、みんなが期待する記録型ブルーレイドライブは、どのような形で市場に出てくるのでしょうか?

さて、PS3発売までの半年の間に次世代DVD情勢はどのように動いていくのでしょうか?
X-BOX360の動向も気になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSEに例外?(-_-)

様々なところで非難囂々のPSE法(電気用品安全法)ですが、今日、経済産業省が若干の見直しを発表したそうです。

対象は、電子楽器、音響機器と、写真焼き付け機、写真引き延ばし機、写真引き延ばし用ランプハウス、映写機で、
(1)既に生産が終了しており、他の電気用品で代替不可能で希少価値が高いと認められる
(2)旧法(電気用品取締法)に基づく表示などがある
(3)取り扱いに慣れた人に対して国内で販売する

だそうですが、何だかなぁ・・・ホントにこの法律が安全の為に作られたものなら、この特例が原因で事故が起きたらどうするんでしょうね?
「取り扱いに慣れた人」に責任取ってもらうんでしょうかね?

薬事法の件もそうですが、誰のための法律なのか、よくわかりますねぇ(-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コニカミノルタのカメラ修理取り次ぎ出来ます

コニカミノルタがカメラ・フィルム事業から撤退し、デジタル一眼レフカメラをソニーが引き継ぐというのは既報の通りなのですが、懸案のアフターサービスについて、先ほど、ソニーから連絡がありました。
(3月17日にはホームページ上で詳細発表とのことです)

4月1日から、旧コニカ・旧ミノルタのものも含めて、デジタルカメラ・フィルムカメラ・交換レンズ・カメラアクセサリー・フィルムスキャナー・写真用メーターのアフターサービスをソニーが全て引き継ぎます。(ただし部品保有期間を過ぎたものは除く)

ということですので、当店でもコニカミノルタのカメラ修理を取り次ぎできることになりました。

・・・あ、マスターが使っていた現場監督も壊れていたのだった。直さなきゃ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SED発売時期、大幅に延期ですと?

昨日書くつもりの記事だったんですが、ココログがメンテナンス&トラブルで使えませんでしたので・・・

東芝とキヤノンが薄型大画面テレビの本命として商品化の準備を進めているSEDですが、何とパネルの量産開始が来年2007年7月に延期されたそうです。
テレビとしての商品化は同じく2007年の秋ということですなぁ。

液晶・プラズマに対抗できる商品力をつけるため、とのことですが、ここまでの1年だって激動でしたよね。あんなに落ち込んでいたソニーが、今世界でシェアトップに復帰してるわけですし。1年は長いよぉ・・・

まぁ、デジタル放送は始まったばかりですから、もっと長い目で見ていかなければ、とも思いますが、ここでの出遅れは大きいですねぇ・・・

お願いですから、「やっぱりやめましたm(_ _)m」なんてことにならずに、魅力的な製品を出して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

改正薬事法、さらに改正っすか?

昨年4月の法改正で、血圧計やらマッサージチェアやらが「医療機器」として、販売するには資格を持った販売管理者を置かなければいけない、ということになりました。

その資格を取るためには、お役所の天下り団体(?)が主催する一日講習を受けるだけなのですが、内容の割にお値段結構しました(12000円だった。別の団体のは15000円)。

文系のマスターの場合、受けないと資格を取れなかったので仕方なかったのですが、知り合いには、講習を受けた後で、工業高校を出ていたら受講不要というのを聞いた、という可哀想な人もいました。

しかし、先ほど、知り合いの電気屋さんから聞いたのですが、この改正薬事法、早くも改正されるそうな・・・

http://www-bm.mhlw.go.jp/topics/2006/bukyoku/iyaku/c4.html

これの一番下に書いてあるんですけど、

補聴器及び家庭用電気治療器を除いた家庭用の管理医療機器については、その販売にあたり販売管理者の設置を不要とする。

・・・なめてますか?厚生労働省さん、もともと、家庭用の血圧計やマッサージチェアを管理医療機器なんてものに一括りするのがおかしいってのはわかってたじゃないっすか。
法律作る時に、誰に意見を求めているんでしょね?

事件は現場で起きているんだよ、わかってよ・・・(あー、ウチの12000円・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明電工業のハロゲンヒーター不具合

明電工業というところが輸入販売したハロゲンヒーターに不具合があるそうです。

ランプが破裂して、その破片で焦げる、ということですから、該当機種をお使いの方はすぐに使うのやめて下さいね。

家電品不具合情報も更新しました。

明電工業って、日本橋にあるバラエティショップみたいなところらしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンクがボーダフォン買収交渉中

ソフトバンクグループがボーダフォンの日本法人を買収する交渉中だそうですね。
イギリスのボーダフォン本社からのプレス発表があったので、ガセではないようです。
近日中には交渉成立だろうとのことで、過去最高額の企業買収になるだろう、と。

ボーダフォンも、デジタルホン・デジタルツーカー時代から、Jフォン、ボーダフォンと変遷を重ねて、今度はソフトバンクグループの移動通信部門を担うということですか。
Jフォン時代に水面下で合併交渉もされていたというツーカーも完全にKDDIの一部になり、auへユーザーを移行させたら消滅、というシナリオのようですから、
今後は、固定回線同様に、NTT・KDDI・ソフトバンクの三つ巴、ということでしょうか?
そこに、ウィルコムや新規参入してくるeアクセスなどがどのように絡んでくるか、ですね。

年内に予定されているナンバーポータビリティですが、ソフトバンクがボーダフォンのインフラを手に入れたことで、予想外の展開になってきそうです。

マスターもボーダフォンをデジタルホン時代から使っているのですが、今度は名前変わらないんだよね?
ボーダフォンはヨーロッパのサッカーリーグのスポンサーなんかで露出度大きいし、Yahoo!のようにブランド名はそのまま使うのだと思いますけど。っつーか、そのままにしておいて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PSE問題

食品関係では牛肉のBSEが問題になっていますが、家電周辺では、最近になって突然「PSE問題」がクローズアップされてきました。

2001年4月に施行された「電気用品安全法」という法律の猶予期間が今年3月一杯で切れてしまい、その法律に適合しているという印の「PSEマーク」が表示されていない製品の販売が新品・中古共に出来なくなってしまうのです。

yu_denki_01

しかし、結構重大な問題にも関わらず、それが騒がれ出したのは今年になってからでした。

まぁ、新品については、5年も経っていれば、長期在庫品などがあって処分せざるを得なくなっても「仕方ないかなぁ?」というところですが、中古品ではそうもいきません。5~10年程度のものが中古市場の主力製品ではないでしょうか?

特にアナログテレビなんかは、どうせ2011年までしか使えないんだから、とりあえず中古を、というケースも多いと思うんですよねー。

「噂の!東京マガジン」という番組で先日も特集していたので見ました。色んな現場で混乱を招いているようですね。

その中で、最後に経済産業省へのインタビューがあるのですが、
「告知が徹底されていなかったことは反省するが、4月からの実施に変更はない」
「国としてはリサイクルに取り組んできた」
等と、ちょっとずれた返答ばかりでイライラが募ります。

思うに、国は「リサイクルという事業」を育てたいだけなんじゃないだろうか、と思ってしまいました。

もちろん、リサイクルは重要です。最終的には出来るだけ多くのものがリサイクルされるべきです。

しかし、リサイクルの前に、可能な限りリユースをして製品の寿命を延ばしてあげることも必要なのではないでしょうか?

番組でコーナーの終わりにリポーターの北野氏が、
「これで不法投棄が増えないといいんですが」
というような言葉で締めくくっていました。

他にも、中古販売はダメだけどレンタルはOKとか、個人売買はOKとか、パソコンは対象外とか、いろいろ「?」が多いですねー。

さてさて、1ヶ月後はどうなっているのでしょうか?

------------------------------------
意識調査の結果
http://blog.ishare1.com/press/archives/2006/02/954.html

日本シンセサイザー・プログラマー協会の署名活動
https://www.jspa.gr.jp/pse/index.cgi

電気用品安全法に反対するページ
http://antipse.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »