鼻歌

佐々木朗希君、すごいですね。べたな言い方だけど、すごいとしか言葉が出ない。

高校時代から別次元の逸材とは言われていたけど、この二試合の投球見てると、打たれそうな感じが全くしない。そもそも、プロの強打者でも球が見えていない。

二試合連続パーフェクト直前の交代は賛否両論あるけど、彼ならまた凄いことやってくれるでしょうね。

で、たまたま、4月17日の中継をBSでやっているのを知って、試合途中から見ていたのです。

この時、一番、「コイツ、すげーな!」と思ったのは、7回表のイニング前の投球練習。

佐々木君がマウンドに上がって、投球練習を始めた時、ラッキーセブンなので、対戦相手の日本ハムファイターズの応援歌が球場に流れていました。

投球練習をしている佐々木君の口が何か動いていたので、よく見ると・・・「ふぁいたーず~」と・・・

パーフェクト達成間近の7回に、鼻歌を口ずさむ余裕があるのか!

「格が違う」なんて言葉でもまだ軽く感じるほど、佐々木君を大きく感じた一時でした。今後が楽しみでたまりませんね。

| | コメント (0)

咲く花散る花

20220326

駐車場のコブシが咲きました。

桜並木も数日もすれば満開になりそうです。

創業者が旅立ちました。

|

お世話になってます♪

よく営業の電話かかってきます。
だいたいが怪しい会社で詐欺まがいのトークで誘導してくるんですが、最初にこう言うこと多いですよね。

「お世話になっております」

いやいや、あなたの会社なんか知らんから。

今日もそんな電話かかってきたので、

「お世話になってないけど」

と言って切ってしまいました。

切ってから、ふと考えた。あ、『お世話になってない』じゃなくて『お世話してない』だった・・・orz
これじゃ、ただのキレたオッサンやん。恥ずかしい~

| | コメント (0)

気持ちは伝わっちゃうんだな

ちょっと前に、仕事で使っているメインのパソコンのディスプレイが一瞬映らなくなったことがありました。
電源を入れ直したら正常に戻ったのだけど、それなりの年数は使ってきたので、買換の検討をしていました。

で、昨日、新しいディスプレイと入れ替え。メインパソコンは複数のディスプレイを繋いで使っているので、元のディスプレイは二番目に繋ぎかえようと、デスクの上を片付けつつ何とか配線をやり直して、スイッチオン・・・

あれ?つかない・・・

全く電源も入らなくなってしまいました。
ついさっきまでバリバリ働いてたのに。
自分の役割が終わったと思ったのか、二番手はイヤだったのか、こっちの気持ちが伝わっちゃうんですね。

調べたら、丸9年使っていました。長い間、毎日のお勤めご苦労様でした。

| | コメント (0)

いきなり春が

Dscf4569 

先週末はまだほとんど咲いてなかったのに、寺町の桜がいきなり満開になりました。
ほんの数日前まで「寒い寒い」と暖房入れてたのに、今日は全国で夏日だそうです。

何年か前に、町内で日帰り旅行に行った時に、往きにはほとんど蕾だった桜並木が、帰りには満開になってたのを思い出しました。
季節はいきなり変わっちゃうんですね。

| | コメント (0)

遠くから

20220224

寺町を散歩していたら、気の早い河津桜が開いているのを見つけました。

今日も寒い一日だったけど、遠くから春の足音が聞こえてきます。

| | コメント (0)

失敗は成功のもと

北京冬季オリンピックも終盤に入りました。
あいかわらず流されやすい僕は、カーリング日本女子の準決勝も見ましたよ。

前日に大敗したスイス相手に僅差の試合ではあったけど、どっちが予選上位かわかんないような展開でした。
(スイスは予選1位、日本は予選4位というか準決勝進出チームの最下位)

勝因は、予選最終試合でスイスに負けて予選敗退と早とちりしていたので、そこで、いったん肩の力が抜けて開き直れたからなのかなぁ?なんて甘っちょろいことを思ってました。

しかし、試合後のインタビューで彼女たちは言い切りました。
「私達は予選4位通過なので、それがアドバンテージになる」

え?え?え?最下位通過がアドバンテージって、どういうこと?と思ってたら、
「私達は他のチームより沢山のミスや失点をしてきているから」

笑顔ばかりがクローズアップされる彼女たちロコ・ソラーレ、なかなかしたたかです。
最近あまり聞かなくなった「失敗は成功のもと」って言葉思い出しました。

 

| | コメント (0)

サブチャンネル

開催前には色々ごたごたしていても、始まると何だかんだ言って盛り上がるオリンピックです。

先日は、スノーボードの平野歩夢選手の見事な金メダルのドラマに引き込まれた人も多いと思います。

この時、ちょうど平野選手の三回目の滑走のスタートの時に、中継していたNHK総合テレビがニュースの時間になるので、オリンピック中継がサブチャンネルに切り替わってしまい、肝心のスタートシーンが見られなかったと苦情を言ってる人が多いそうです。

けどねー、そんなこと言うより、サブチャンネル使っても放送してくれることに感謝しましょうよ。
ニュース見たい人もいるんだし、数分前から「サブチャンネルに変わります」って予告もずっと流れてるんだし。

で、ここで電気屋らしいこと書いておきましょうか。
サブチャンネルへの切替を忘れない方法は、サブチャンネルを予約しておくんです。
切り替わりの予告が出たら、番組表を出して、サブチャンネルでの番組を「視聴予約」するんです。
そうすると、その時間になると自動的にサブチャンネルに切り替わるので、見逃し無しです。
(自動的に切り換えてくれるテレビもありますけど、それも、何らかの操作は必要ですよ)

| | コメント (0)

かまってほしい

休みの日も、コロナ禍でなかなか外出する気にもならず、家でグダグダと過ごすことが多くなってます。

祝日でイレギュラーに入ったお休みの一日、せっかくだから休みじゃなきゃやらないことを一つでもしようと、前から気になっていた、オートバイのオイル交換をすることにしました。

「仕事にも使えるし」という自分への言い訳をして買ったスーパーカブも、早いもので我が家へ来てから約10年が経ってます。
前にオイル交換してからずいぶん期間が空いたからな、と思って、整備メモを開くと・・・
2年以上前にオイル交換しているのですが、その時からの走行距離が約50km・・・

昨年、仕事の打合せで自動車を置く場所がないから、とカブで出かけようと前日にエンジンをかけてみたら、全くかからず苦労したのを思い出しました。こんな走行距離ならストライキ起こしても仕方ないですわ。ごめんね。

C50s8

 

| | コメント (0)

わかろうとしている人

新聞を読んでいて気に入った一文を見つけました。

『いちばん必要なのは「わかっている」人ではなくて、現役でやっている人、つまり今でも「わかろうとしている人」です。』

絵本作家の五味太郎さんが自著の中で書いていた言葉だそうで、引用の引用でお恥ずかしいのですが、自分が「こうありたい」とぼんやり考えていたことを、はっきりとした言葉として見つけた、と思いました。
仕事でも私生活でも、ずっと「わかろうとしている人」であり続けたいな。

そんなことを考えていたら、この数日、ネットを賑わせている、「プラネテス」という宇宙を舞台にしたSFアニメーションを、JAXAの元職員の方が、「面白くない」と一刀両断に批判して、逆に非難を浴びているという話を思い出しました。
これも、「わかっている」のと「わかろうとしている」のずれが産んだ論争なのかな? んー、違うか? でも、そんなところにいさかいの根っこがあるような気がする。

もう一つ、思い出したのは、高校時代の国語のセンセイ。
とっても厳しいセンセイで、問題の解答を求められて、「わかりません」と答えると、物凄く怒ります。
その時に、「『忘れました』は仕方ないけど、『わかりません』はいけない」と言うのです。
問題の答えを見つけていたけど、ど忘れしてしまうのは、仕方ない。けれど、わからないのは、答えを見つける努力を放棄しているからだ、と。
では、そのセンセイは「わかっている」人だったのかというと、こんな話もしてました。
そのセンセイは博学なので、他の教師から質問を受けることがよくあるそうで、よく知っている事でも、答える時には、必ず辞書などを見て確認してから答える、と。
センセイは「わかろうとしている人」だったんだなぁ。とウン十年経ってあらためて感じたのです。
あ、「だった」と書いたけど、そのセンセイ、まだご健在だそうですw

五味太郎さんの本も読んでみなきゃいけないな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧