【電気工事】防雨コンセントとスイッチに交換しました

今年は台風の上陸が多く、各地の被害に心が痛みますが、当地でも先日の台風による大雨で若干の被害がありました。

このお客様も、台風による横降りの雨で、作業場のコンセントに浸水して漏電ブレーカーが作動したようなので、現場を拝見。

Img_5672

あらら、スイッチのカバーは割れているし、コンセントもテープで補修してあります(^_^;)
この作業場には屋根はありますが、横は開放されているので、雨が入ってしまったようですが、普段はそちらから降り込む事もなかったのでこのままでも使えていたのですね。
状況を確認出来たので、スイッチとコンセントを交換します。

Img_5733

スイッチは蓋付きも考えましたが、利便性を考慮して防雨カバーを取り付けました。

Img_5732

コンセントは、下から差し込む防雨型にしました。
これで、雨が降っても大丈夫ですね。
ご依頼ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンの初期不良でご迷惑おかけいたしました

家電製品も他の「モノ」と同じように、故障や不具合は避けられません。
使用中の故障については、延長保証を導入させていただき、お客様の負担が軽くなるように努めていますが、それでも、故障が発生した事による不自由でご迷惑をおかけすることには変わりが無く、いつも心を痛めてしまいます。

今回の故障は、エアコンでした。しかも、取り付けてわずか2日で発生してしまいました。
まさかの「初期不良」でした・・・
幸い、今年の夏はまだそれほど酷い暑さではなかったのが、不幸中の幸いでしたが・・・
Img_5554
メーカーサービスさんに診断に来ていただいたところ、簡単な故障ではなく、製品交換が必要なようです。
しかし、エアコンは「交換」とは言っても、設置工事が完了しているので、取り外し工事と再取り付け工事が必要になります。テレビなどのように、置き換えるだけ、というわけにはいきません。
メーカーさんで工事もしていただけるとの申し出もありましたが、当店では出来る限り自店で取付工事を行って、取付工事が原因の不具合などにも責任を持って対応させていただけるようにしていますので、お断りする事にしました。
工事をお願いした方が少しでも早く完了するのであれば、お願いすることも少し考えましたが、当店で新しいエアコンを準備して交換した方がかえって早いということもありました。
ということで、後日、新しいエアコンを用意して交換させていただきました。
交換用のエアコンもすぐに準備できて、夏の暑さが本格的になる前に交換できてホッとしています。
この度は、お買い上げありがとうございました。
また、製品の初期不良で大変ご迷惑おかけいたしましたが、永くご愛用いただけるように今後も精一杯のサポートさせていただきます。
P.S.
取付工事に責任を持ちたいから取替工事も自店で行った、と書きました。
もちろん、それが一番大きかったのですが、自店で交換して不良品を返品しないと、交換手数料がいただけない、という下世話な考えも少しあったことを告白しておきますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝 電気こんろHP-635で感電の恐れ

東芝から発売されている電気こんろの一部で、感電・漏電の恐れがあるそうです。

このニクロム線が見える昔ながらの電気コンロは近年では東芝くらいしか販売していなかったので、お使いの方も意外と多いのではないでしょうか?

Hp635

該当する製品をご使用中の方は、必ず使用をやめていただき、東芝へご連絡お願いいたします。
メーカー:東芝
型番:HP-635-L
対象製造番号:110901~160331(製造番号は底面に印刷されている6桁の数字です。)
製造期間:2011年9月から2016年3月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコン工事:壁の無い和室に取り付けます

エアコンの無い和室にエアコンを取り付けたいというご相談をいただきました。

外側に面している壁にはタンスなどがあって取り付ける場所が無く、その壁の外側も、お隣との間に室外機を置くスペースがありません。
室外機を置けるスペースは反対側の掃き出し窓の外になるのですが、そちらは部屋の外に廊下があり、廊下との間も障子で仕切ってあるだけで、エアコンを付ける場所が・・・
大丈夫、付きますよ!ということで、いきなり完成写真です(^_^;)

Img_5315

障子の上の欄間に板を貼ってエアコンを取り付けました。
天井までの高さにあまり余裕が無いので、薄型の機種を選んでいます。

Img_5314

廊下を渡って配管を外へ。
斜めになっているのは、ドレン水が流れやすくするためです。
これで、一番よく使う和室も涼しくお過ごしいただけますね。
お買い上げありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコン工事:配管の取り回しを変更しました

2年ほど前にエアコンをお買い上げいただいたお客様から、エアコンの配管を一旦外して欲しいとのご連絡がありました。

Img_5087

窓の横に真っ直ぐ配管を下ろしていたのですが、雨戸が壊れたので交換することになり、写真にあるようなアコーデオン式の雨戸が今は無いため、配管の位置に戸袋をつけたいとのこと。
で、一旦配管を取り外して、雨戸の工事が終わったため、本日再取付をしました。

Img_5246

戸袋の横には樋との間にほとんどスペースがないため、反対側に配管の取り回しを変更しました。
横引きが長いので、排水トラブルを避けるために、ドレン排水だけ左の樋の方へ別に取り出しました。
雨戸の工事に入る頃から急に暑くなりましたが、今日からは涼しくお過ごしいただけますね。
内藤電機では、お買い上げいただいた後も、末永くご愛用いただけるお手伝いをさせていただきます。
ご依頼ありがとうございました。
ところが、この工事の途中で、配管をカットする工具が何だかおかしい・・・

13320543_1020410068036817_457908543

割れちゃいました(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Windows10へのアップグレードお手伝いいたします